TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、日本アカデミー賞受賞を報じる記事に「『お前みたいな者が』みたいなのを感じる」

オードリー若林、日本アカデミー賞受賞を報じる記事に「『お前みたいな者が』みたいなのを感じる」

2014.02.23 (Sun)
2014年02月22日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、第37回日本アカデミー賞 オールナイトニッポン話題賞の俳優部門を受賞したお笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、感想を語っていた。

ひまわりと子犬の7日間
ひまわりと子犬の7日間 [DVD]

若林:日本アカデミー賞の話題賞とったんですよ。

春日:そんなアッサリ(笑)我らが若林くんが、日本アカデミー賞・話題賞を受賞しました!

若林:恥ずかしいのが、新聞の記事に「毎週のようにラジオで呼びかけ」って書かれてて(笑)事実なんだけどさ(笑)

春日:必死かっていうね(笑)必死だっていうのが、出ちゃった?(笑)

若林:ふふ(笑)

春日:恥ずかしい(笑)

若林:とったら、あそこに出て行くの大変だなって話から始まったじゃない?

春日:見てみたいっていうのは、あったけど。そんなに「頼むから投票してくれ」みたいのは言ってないけどね。

若林:話題賞俳優部門、若林正恭(オードリー)、『ひまわりと子犬の7日間』…って書かれた招待状が入ってましたよ。グランドプリンスホテル新高輪でやるんだ。

春日:あぁ。

若林:午後3時よりだって。生放送じゃないんだ、いつもテレビでやってるの。生だと思ったわ。

春日:生じゃないんだね。

若林:レッドカーペット歩くの?いやぁ…考えたくないな。考えたくない。

春日:見たいね。

若林:予約しておこうかしら。

春日:何を?

若林:風俗。ストレスもだいぶ溜まってるだろうし。

春日:それは自由にしてもらっていいですけどね(笑)

若林:「このたびの受賞、心よりお祝い申し上げます」…こういうのくるんだね。シャトルバスで出るよ、品川駅から。何時のに乗っていけばいいんだろ?自分の車で行った方がいいんだろうか?

春日:駐車場も用意されてるよ。

若林:これ、怖いね。記事の隅々に、「お前みたいな者が」みたいなのを感じるなぁ。

春日:それは被害妄想よ。

若林:「毎週のように呼びかけて」とか、書かなくていいじゃん。実際そうだけど。

春日:まぁね。

若林:どのネットニュース見ても、新聞記事見ても、書いてあったからな。「毎週のように呼びかけ」って(笑)

春日:あぁ、そう?(笑)

若林:実際、組織票だろって、先輩にも言われたんだけどね。でも、逃げも隠れもしませんよ。話題賞だし、そこまで演技も評価されたわけじゃないですから。話題になったってことですから。

春日:堂々としてて良いんじゃないですか。

若林:ちゃんとリスナーが投票してくれたんだね。もしくはあそこにいるのが見たいのか分からないけどさ。

春日:うん、そうですよ。どっちにしろ、とれるようなものじゃないんだから。

若林:普通に感謝して、コメント出したのよ。

春日:見た、見た。

若林:ヤフーニュース。

春日:「みなさんのお陰で」みたいな。

若林:「監督、共演者、スタッフ、そしてオールナイトニッポンリスナーのお陰です」ってコメントを出したの。

春日:立派じゃない(笑)

若林:感動したってメールきてて。リスナーから(笑)

春日:はっはっはっ(笑)

若林:初めてリスナーと共同作業で、大きくふざけるね。これから。「リトルトゥースのお陰です」とか現場で言う勇気あるかなぁ。

春日:リスナーとしては、嬉しいだろうけど。

【関連記事】
オードリー・若林「日曜×芸人で号泣したワケ」

オードリー・若林「春日が売れなかった時代に送ってきたメール」

南キャン・山里「オードリー・若林はクズだ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:ナイナイ岡村が語る、日本アカデミー賞の舞台で失笑されたワケ「ラジオ番組でインタビューに奔走させられた」

前の記事:爆笑問題・田中×久米宏の討論「バラエティ番組はつまらなくなったのか」