TOP未分類 ≫ 麻生太郎 「BLマンガを読んでいた可能性アリ」という1人の証言

麻生太郎 「BLマンガを読んでいた可能性アリ」という1人の証言

2007.11.14 (Wed)
2007年11月14日放送の「世界バリバリバリュー」の中で、マンガ大好き麻生太郎議員が、BLマンガも手がける作家作品を読んでいたことが明らかになった。

今回のテーマは『お坊ちゃまやお嬢様は芸能人』というもので、竹下登元総理大臣の孫である、BREAKERZのヴォーカリストDAIGOの家へ訪れた。その際、その姉である影木栄貴も登場した。

影木栄貴は、「トリビアの泉」にも登場し、一部ではよく知られた存在である。その際も、非ボーイズラブ作品である「世紀末プライムミニスター」が紹介されていたが、実はボーイズラブ作品も手がけている。

その彼女の作品を、麻生太郎が竹下登に会いにきた際(待ち時間に)、読んでいたという。ただし、麻生太郎からは「意味がわからない」と言われてしまったらしい。

竹下登が存命中であった時期(2000年6月19日死去)を考えると、もしかしたらボーイズラブ作品(2000年までなら運命にKISS、DEAR MY SELF、WORLD'S ENDが該当)を読んでいた可能性もある。

同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:コンパ王 『カラテカ 入江』のコンパテクニック10箇条

前の記事:ダチョウ倶楽部 今でも給料は三等分