TOPアメトーーク ≫ ピース綾部、ノブコブ吉村の舎弟時代を暴露「祐さん、祐さんと呼んでた」

ピース綾部、ノブコブ吉村の舎弟時代を暴露「祐さん、祐さんと呼んでた」

2014.02.01 (Sat)
2014年01月31日放送のテレビ朝日系の番組『アメトーーク!』(毎週木 23:15 - 24:15)にて、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が、平成ノブシコブシ・吉村崇が今のような破天荒キャラになる以前の様子について暴露されていた。

平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント
平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント ~今宵の主役はどっちだ~

ピース・綾部:こいつ、本当に急激に変わったんですよ。NSC在学中は、本当に真面目で。どこからか急変して、こんな破天荒キャラになって。

ノンスタ・井上:なった、なった。

ピース・綾部:北海道から出てきた、優しい少年だったんですよ。

雨上がり・蛍原:はっはっはっ(笑)

ピース・綾部:それが、こんなんになって。今回、言わせてもらいたいんですけど…僕らの方が先にテレビに出させてもらいました。それまでコイツ、「祐さん、祐さん」って言ってたんですよ。

雨上がり・宮迫:ほう。

ピース・綾部:6年前くらいに、ライブ終わって飯食って、1時くらいですよ。そのくらいに帰ろうかってなって。

雨上がり・蛍原:うん。

ピース・綾部:そしたらコイツが「祐さん、俺、女の子と遊びたい」って言い出して。

雨上がり・宮迫:おぅ(笑)

ピース・綾部「でも、1時だぞ」って言って。「だけど、ダメだ。テンション上がって、女の子と遊びたい」って言うから、女の子に片っ端から電話して。その当時、吉村は女の子に声なんか掛けられないヤツだったんで。

雨上がり・宮迫:うん。

ピース・綾部:そしたら、埼玉でたまたま家飲みしているっていう女の子がいたんですよ。俺らは新宿にいて、2月の極寒ですよ。

雨上がり・蛍原:はっはっはっ(笑)

ピース・綾部:「どうする?崇」って言ったら、「行きたいよ、祐さん」っていうから、埼玉まで吉村をバイクに乗せて行ったんですよ。そしたら戸田に行ったくらいで、「祐さん、足から下の感覚がもう無いよ…」って言い出して。

雨上がり・宮迫:はっはっはっ(笑)

ピース・綾部:「大丈夫か?」って言って、持ってたカッパをこいつに履かせて。それでまた出発して。その時に、「祐さん、あったかいよ。優しいね」って言ってたんですよ。

雨上がり・宮迫:うん(笑)

ピース・綾部:女の子の家に行ったら、「とりあえず、湯を沸かしてくれ」って言って、二人でお風呂入って。吉村が「乗せてもらってきたから、背中流すね。祐さん」って言って。そう言ってたあの時のお前はどこに行ったんだよ!

雨上がり・蛍原:覚えてんのか!?

ピース・綾部:それなのに今じゃずっと「綾部」「綾部」って言ってますけどね。最初は、そういう関係ですからね。

【関連記事】
有吉弘行「海外旅行で浮かれまくるノブコブ・吉村に呆れる」

南キャン・山里「ノブコブ・徳井を最後まで信じていた千鳥」

くりぃむ・有田「アフリカ部族ロケにおけるタブー」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アメトーーク
次の記事:オードリー・若林、柴田理恵に急にキレられる「アンタ何なのよ!」

前の記事:ピース・又吉、ギャルの良さを語る「すごく共感できる」