TOPにけつッ!! ≫ ケンドーコバヤシ「芸人になるために生まれた人間」

ケンドーコバヤシ「芸人になるために生まれた人間」

2014.01.20 (Mon)
2014年01月20日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週月 25:23 - 25:53)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、芸人になるための星の下に生まれた人間について語っていた。

にけつッ!!20
にけつッ!!20 [DVD]

ケンドーコバヤシ:持っている者と、持たざる者に分かれますね。

千原ジュニア:結果、その2つに分かれますよね。

ケンドーコバヤシ:僕なんか、お笑い芸人なんかなる男ではなかったと思うんですよ。(ハプニングが)起きない、(笑いの神が)降りないんです。

千原ジュニア:そういう星の下じゃない。

ケンドーコバヤシ:1回もそんなことないんですよ。この間、バイきんぐの小峠と共演しまして。その日、たまたま小峠の誕生日だったんですよ。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:誰だってあるじゃないですか。熱く語って空回りしてスベってしまうって。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:その日、スベってしまって。「ちょっと待ってくださいよ!今日、誕生日なんですよ!」って言って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:テレビ収録のスタジオですから、その番組だけを撮ってるだけでなく、別の番組も撮ってますから。「今日、俺、誕生日なんですよ。なんでスベるんですか!」って言ったとき、他の番組で使った紙吹雪が、ちょうど降りてきて。「おめでとう」ってなるみたいな(笑)持ってるんですよね。

千原ジュニア:うん(笑)

ケンドーコバヤシ:かと思いきや、サバンナの八木が逆を振られてずっとスベリ続けてたんですよ。

千原ジュニア:はい(笑)

ケンドーコバヤシ:「八木、落ち込むなよ」って言ったら、「元気チャンピオン!」って言って。そしたら、今度は八木のところにどこかから、チ○毛落ちてきたんです(笑)僕、今までそんなの無くて。笑いの神というんですかね。

千原ジュニア:ウチのせいじもそうやから。

ケンドーコバヤシ:あの悪魔もですか(笑)

千原ジュニア:鳩のTシャツ着て歩いてたら、鳩の糞が落ちてくる(笑)

ケンドーコバヤシ:ふふ(笑)まるで生きてたかのように(笑)

千原ジュニア:そう(笑)

ケンドーコバヤシ:鳩の糞が落ちてくるゾーン、歩きませんからね。生きるチョイスからして違いますね(笑)

【関連記事】
伊集院光「若手芸人たちが芸人になった理由」

有吉弘行「キングオブコントは『小劇団の大会』化している」

バナナマン・日村「女子大生にウ○コを漏らしたパンツを押し付けていた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!
次の記事:笑福亭鶴瓶「たかじんに『他人の悪口を言うな』と叱ったワケ」

前の記事:権藤博が語る「田中将大、ダルビッシュの強さの秘密」