TOP単発番組 ≫ 西川史子が語る「離婚した真相」 書き起こし

西川史子が語る「離婚した真相」 書き起こし

2014.01.12 (Sun)
2014年01月12日放送のTBS系の番組『サンデー・ジャポン』に、11日に離婚届を提出したタレント・医師の西川史子が出演し、そこで離婚した経緯や理由について語っていた。

年収4000万にこだわる理由
年収4000万にこだわる理由

爆笑問題・田中:来月14日に結婚丸4年、5年目に突入というところだったんですけども、離婚を発表いたしました。

西川史子:はい。

爆笑問題・田中:これは話題作りとかではないですよね?

爆笑問題・太田:それヒド過ぎるでしょ(笑)

西川史子:ヒド過ぎます(笑)全く、そういうことはないです。

爆笑問題・田中:今日は、離婚の真相について色々と伺いたいと思いますけども。そもそも、離婚を決意した理由はなんだったんでしょうか?

離婚を決意した理由

西川史子:サンジャポでも何回か「夫が出て行ってしまった」とか言ってましたけど、私が至らなかったんですね。

爆笑問題・田中:至らなかったと言いますと?

西川史子:私が嫌われたんでしょ。

爆笑問題・田中:西川さんからは、結婚を継続しようと頑張ろうとしてたんですか?

西川史子:お互いに頑張ろうとしたんですけど、傷つけ合ったというか。

爆笑問題・太田:それは仕方ないですよね。

デーブ・スペクター:具体的な原因ってあるんですか?

西川史子:別に彼が浮気をしたとか、私が浮気をしたといったことではないし。

爆笑問題・田中:はい。

西川史子:それなのに「家を出て行きたい」というのは、やっぱり私が至らなかったんだと思いますね。

爆笑問題・太田:夫婦のことですから。責めることはないんですよ。

西川史子:うるさいな!(笑)

爆笑問題・太田:え?なんで?(笑)

平成ノブシコブシ・吉村:全員が敵に見えてしまってるんですね(笑)

西川史子:間違っちゃった(笑)

西川史子「結婚、相手に求める理想が高すぎたのか」

爆笑問題・田中:こちら、マスコミ向けの直筆のFAXがありますけども。「結婚とはこうあるべきだ、と結婚生活のハードルを上げてしまった」ということですが、これはどういうことなんですか?

西川史子:理想の家庭像であったり、「こうあるべき」っていうのを私が強くもっていてしまったので、そこで違ったことをすると怒ってしまったりとかとか。

テリー伊藤:たとえば、どういうところを怒ってしまったの?

西川史子:たとえば、私は毎日、父親・母親が家で御飯を食べるというのが当たり前の家だったので、それを当てはめたかったし、旅行に何回行く、とかそういうところも私はうるさく言ってましたし。そういうところじゃないですかね。

爆笑問題・田中:はい。

爆笑問題・太田:それぞれ家庭の形は違いますから。

爆笑問題・田中:それに全部は答えられない、ってところでズレが生じてきたんですかね。

テリー伊藤:西川さんも、こういう仕事をしてるから、夕御飯を一緒に食べられないじゃないですか。そうなると、西川さんの家とは違うよね?

西川史子:はい。

テリー伊藤:そうなると、彼の責任じゃないよね?

西川史子:私がこうやって番組で「出て行ってしまった」とか言ったことで、彼からすれば色んな人から電話があって。3年ぶりの友人でもないような人が連絡してきたりとか、そういうところもすごく苦しめたみたいです。

爆笑問題・太田:うん。

西川史子:だから、私が医者だけをやっていたら、起きなかったことかもしれないですね。

別居を開始したきっかけ

爆笑問題・田中:去年の11月から別居をされていたということなんですけど、この別居というのはどちらから?

西川史子:それは私が言いました。私も表に出る仕事だから、彼が「君が家にいて良いよ」って言ってくれて、彼が出て行く形になりました。

テリー伊藤:あぁ、そうなんだ。

爆笑問題・田中:アンちゃん、夫婦仲が悪いってキャラみたいなところもあったから、実際は仲が良いんじゃないかって思われてた部分もあったんだけど。

中村アン:そうですね。でも、幸せで牙が抜け落ちた西川先生より、人を羨んだり、トゲトゲしている西川先生の方が好きなので、「おかえりなさい!」って言ってあげたいです。

西川史子:私、昨日、離婚届を出したばかりだから、結構、傷ついているのよ。みなさんが思ってる以上に。だから、ズケズケ言うのやめてもらえるかな?

中村アン:西川先生は、こうじゃないと(笑)

西川史子「離婚を言い出したのは私」

デーブ・スペクター:離婚を言い出したのは、どっちですか?

西川史子:離婚は私が言いました。

爆笑問題・田中:吉村さん、アンちゃんのコメント中、ずっと下を向いてましたけども。

平成ノブシコブシ・吉村:いや、新旧そろったなって感じですよ。僕、エレベーターでさっき一緒だったんですけど、あんなに逃げ出したいエレベーター、初めてでしたよ。

爆笑問題・太田:ふふ(笑)気まずいね。

平成ノブシコブシ・吉村:これで破天荒ということで、一つ、今後ともよろしくお願いしますよ。

西川史子:何それ。私、(ウーマンラッシュアワー)村本派だから。

平成ノブシコブシ・吉村:アイツ派だったんですか(笑)別れてよかったな!

爆笑問題・太田:はっはっはっ(笑)

西川史子「『価値観の相違』という便利な言葉」

西川史子:人に色々と言ってきた身としては…価値観の相違だったり、性格の不一致だったり、すれ違いとか、そういうことではないんですよ。

爆笑問題・田中:え?

西川史子:すれ違っていたし、ずっと。性格なんか一致していないし、価値観なんかも一致していない。でも、最初からみんなそうじゃないですか?

爆笑問題・太田:うん。

西川史子:でも、そういう風に言わないと、言えない部分が夫婦間っていっぱいあって。結局、結果として「価値観の相違」としか言えないと思うんです。だから、今までの人、みなさんごめんなさい。

爆笑問題・太田:初めて分かったことなんだね。

西川史子:今回、分かった。

爆笑問題・太田:人生、色んなことが勉強になりますからね。

西川史子:うるさいな!(笑)

爆笑問題・田中:そのコントなんだよ。やめろよ。フォローして怒る、みたいなヤツ(笑)

西川史子「やり直すとしたら…最初から」

テリー伊藤:「あそこから違ったな」っていうのは、どの辺なの?

西川史子:最初からですね。

テリー伊藤:どういうところが?

西川史子:私は、キツイんですかね。

テリー伊藤:西川さんはキツいけど、弱いっていうか、そういうところがあるじゃん。

西川史子:私は夢としては、私に対して「バカだなぁ」「ダメだなぁ」って言われるのが夢だったんです。

爆笑問題・太田:うん。

西川史子:そういう夢が叶わなかったですね。本当にバカだとかダメだってことじゃなくて、「可愛いなぁ」とか「守ってあげたいな」って女性になれなかったんだと思います。

爆笑問題・太田:まぁね。

テリー伊藤:今後、男性とお付き合いした場合、そういうキャラクターとかはどうするの?

西川史子:今度は、最初からちゃんとやっていこうと思います。

デーブ・スペクター:再婚願望はあるんですか?

西川史子:いや、今は…。

テリー伊藤:再婚は無理だと思うよ。

西川史子:そうね(笑)

爆笑問題・田中:モテると思いますけどね。

中村アン:今が一番、美しいと思いますよ。

西川史子:うるさいな!(笑)

【関連記事】
南キャン・山里「西川史子が石川県名産品を『生ゴミ』と表現」

「西川会」を開く女医・西川史子のセレブすぎる遊び方

爆笑問題・田中「西川史子がマネージャーの前で泣いていた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,田中裕二,太田光,西川史子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:明石家さんま「セクシー女優との熱愛報道で感じた娘・IMALUとの絆」

前の記事:『北斗の拳』原作者・武論尊「仕事を続けるのに必要なこと」