TOPざっくりハイタッチ ≫ ウーマン・村本「付きまとわれた女性を撃退したゲス過ぎる方法」

ウーマン・村本「付きまとわれた女性を撃退したゲス過ぎる方法」

2013.12.08 (Sun)
2013年12月07日放送の「ざっくりハイタッチ」にて、ウーマンラッシュアワー・村本大輔が「女性に付きまとわれていた」という話をしていた。

WOMAN RUSH HOUR SOLO LIVE DVD I love you
WOMAN RUSH HOUR  SOLO LIVE DVD I love you

ウーマンラッシュアワー・村本「やるせなすの中村さんが、霊的なものが視えるっていうんで、視てもらったんですね。そしたら『30代女性の女性の生霊が憑いてる』って言われて。『心当たり、ないか?』って訊かれたんです」

「『千葉の女性っぽいけど』って言われたけど、全然心当たりがなかったんで、『知りません』って言ったんですね。そしたらマネージャーが『実は…』って、何通かの封書が届いてて」

「その封書を送ってきてたのが、37歳の女性の方で、その封書には『あなたと死にたい』みたいな、重い内容が書かれてて。そのことがテレビで放送されたんですね」

「その後も、舞台とかでもそのことをネタにして、実は名前とかも言ってしまってたんです。そしたらその後から、誹謗中傷の内容がメールで送られてきて。『村本はmixiに女性の名前を騙って、女性の日記を読んでる』とか、『相方が舞台で噛んだら、罰金5千円』とか…まぁ、どこから調べてきたのか、全部事実なんですけど」

「それがとうとう、『女子高生と不適切な関係になっている』とか、ありもしないことを書かれるようになって、吉本の本社のコンプライアンス部門にまで問題がいって、クビになりかけたりして。もう我慢できなかったので、弁護士に相談しようかって話にまでなって」

「その前に、一回、その相手に会って話をしようかってことになったんですね。それで赤い自転車の宮田っていう、売れていないし、今後も売れることはない後輩芸人がいたんで、そいつのケータイを使って呼び出して。後輩にも一緒にいてもらって、会ったんです」

「そしたら、その来た女性が美人で。黒木瞳さんをさらに若くした感じの女性だったんです。その女性が土下座せん勢いで謝ってこられたんですけど、胸元がざっくり開いてたんで、もう胸が見えそうになってて」

「会うことの緊張感と、胸元のドキドキ感で、吊り橋効果でその女性のことを好きになってしまって。それで、後輩を帰して…その女性とそういう関係になりまして。しかも、結構な年齢だったんで、テクニックもありましてね。もう夢中になってしまって、週5くらいで呼び出してたんですね」

「そしたら、相手が段々と電話に出ないようになって。今は、着信拒否されています。付きまとわれていた女性に、今度は着信拒否をされています。向こうに、今、僕の生霊が憑いてると思いますけどね」

【関連記事】
南キャン・山里×ウーマン・村本「痛いツイッターユーザへの対処法」

南キャン・山里「嫌われ芸人・ウーマンラッシュアワー村本の台頭」

ウーマンラッシュアワー・村本のクズ過ぎる実態


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 村本大輔,ウーマンラッシュアワー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ざっくりハイタッチ
次の記事:爆笑問題・太田「特定秘密保護法に反対する方法の稚拙さ」

前の記事:オードリー・若林「ラジオでの発言で犬山紙子が激怒」