TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作「テレビ局のクレーム処理を扱った番組を作ってはどうか」

おぎやはぎ・矢作「テレビ局のクレーム処理を扱った番組を作ってはどうか」

2013.12.06 (Fri)
2013年12月05日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、テレビ局やタレントへのクレームが多いことについて語っていた。

どうしてくれる! ? 店長1万人のクレーム対応術
どうしてくれる! ? 店長1万人のクレーム対応術

矢作「きゃべっしーに批判殺到だってよ」

小木「これ、意味分かんないよね。恐ろしいよね」

矢作「キャベツ確認中って芸人がいて、ふなっしーにソックリのきゃべっしーってボケでやったら問題になったって」

小木「これボケでしょ?」

矢作「ボケでやったら、苦情がきたって(笑)」

小木「もう…イヤな話だよ」

矢作「芸人が出てきてボケたとするよね。それでスベったら、『面白くねぇ』って苦情がくるみたいなことだよね」

小木「謝罪文をそれで載せるワケだから」

矢作「最悪(笑)」

小木「『ウケると思ってやったことですが、すみません』って」

矢作「こんだけ苦情が多いから、そういう番組やれば良いのに。会社で、クレーム処理係とかいるよね。何か起こしたときに、クレームに対応するっていう」

小木「うん」

矢作「クレームを処理するのを生放送でやるっていう番組をやればいいのに」

小木「面白いね」

矢作「みんな、文句いっぱいあるんでしょ?ネタが尽きないってことだよね」

小木「そうじゃない?こんなことで殺到するくらいだから」

矢作「ふざけんなっていう」

小木「どういう苦情がきてんだろうね、テレビ局の番組とかに。どうしようもないのもあるんだろうね」

矢作「電話を流すとかね…でも、放送禁止用語とかあるから無理かな」

小木「生放送はダメだけど、収録なら良いんじゃない?変なのはカットして」

矢作「テレビ局やラジオ局には、苦情の電話っていくらでも入るじゃない?その音源を使って、芸人とかに苦情処理の対応をさせる、と。芸人が『ふなっしーに似た、きゃべっしーというのは、芸人さんのボケとしてやってるんで、パクったとかそういうことではないんですよ』って説明させて」

小木「うん。ちゃんと説明してね」

矢作「それだけ30分とか、テレビやラジオで流したら面白いと思うんだけどね」

小木「面白いと思うよ」

矢作「でも、相手の人が『これ流して良いか?』って、許可しない限りはできないけど、苦情の電話をかけてくるくらいだったら、その人にはそれだけの正義がなければいけないわけだから、それを『オンエアする』って言ったところで、『しないでくれ』って言うようなヤツに、苦情の電話をする権利はないはずだよね」

小木「どうせ、匿名だろうしね」

矢作「匿名で良いんだよ。でも、『それもテレビで使うな』って言われたらさぁ」

小木「それはヒドイよ」

矢作「山ちゃん(山里亮太)で番組やったら良いんじゃない?山ちゃんか、華丸大吉の華丸さんね(笑)」

小木「大吉さんは上手いよね。バカリズムは…キレちゃうか(笑)イヤミみたいなの言うよね(笑)」

矢作「苦情の電話が殺到するわけだから、番組にしちゃえばいいよ」

小木「大吉さんは良いね」

矢作「何やっても文句言うんだから、それをネタにすれば良いんだよ」

小木「なんでそんなに、みんな文句言いたいんだろうね?」

矢作「そりゃ言いたいよ。文句とか人の悪口とか、そんなんで会話って成り立ってんだろ?」

小木「知り合いとか友達にはそうだけどね。でも、テレビ局とかラジオ局とかに言うのは面倒臭いじゃん」

矢作「スゲェ昔からあるんだけどね」

小木「クレームはね。クレーマーっているよね。一部なんだろうけどさ」

矢作「そういうテレビやラジオをぜひやってくださいよ。そしたら毎週観るよ(笑)」

小木「俺も観るよ(笑)超面白そうだよ」

矢作「友近とかも面白いだろうなぁ(笑)友近が電話に出て対応するの(笑)『そういうつもりでやってるんじゃないからね。分かるでしょ』って説明してるの面白いよね(笑)」

【関連記事】
伊集院光「苦情に救われたアルコ&ピースのKOCでのネタ」

伊集院光「ホテルレビューサイトの評価は値段で決まる」

伊集院光「クレームをつけてくる企業への対処方法」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,小木博明,矢作兼,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:博多大吉「有吉弘行が相方のために謝罪して回っていた」

前の記事:ナイナイ・岡村「水沢アキのジャッキー・チェンを使った売名行為に激怒」