TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作「『魔法少女まどか☆マギカ 新編/叛逆の物語』は、もはやアートなオシャレ映画だ」

おぎやはぎ・矢作「『魔法少女まどか☆マギカ 新編/叛逆の物語』は、もはやアートなオシャレ映画だ」

2013.11.22 (Fri)
2013年11月21日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編/叛逆の物語』について語られていた。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

矢作「クルマびいきの収録の合間に、小木と宮嵜ディレクターと一緒に、映画観に行ったんですよね」

小木「映画行きましたよ。豊洲のららぽーとに」

矢作「『まどか☆マギカ』ついに観に行ったね」

小木「ついに!(笑)」

矢作「楽しみにしていまして。平日の1時ということで、結構、空いてましたね」

小木「見やすい感じで。良かったなぁ。広くて」

矢作「(前回から)どうやって繋げるのかなっていうのがテーマだったんですけど」

小木「はい」

矢作「『なるほど』って感じでしたね」

小木「いい感じだったよね…言えないけど。ネタバレになっちゃうから」

矢作「今回のまどか☆マギカ、何も喋れないね。ネタバレになっちゃう。どうしていいか分からないね」

小木「そうだよね。(ネタバレ回避して説明するの)難しいね」

矢作「映画館で観るからか分からないけど、魔界みたいなシーンあるじゃん。凄いね」

小木「あそこは素晴らしいね」

矢作「デビッド・リンチのようだよ。世界観が

小木「鮮やかで。急に変わって、アートなんですよ」

矢作「もはやアートだよね」

小木「アート。それくらいだよね(笑)」

矢作「シャレてるの」

小木「テレビアニメとは違うね。凄いね」

矢作「単純に、センスがあるね」

小木「デザイナー入れたんじゃないの?」

矢作「デザイナー、優秀なヤツが入ったね(笑)だって、カッコイイんだもん。オシャレ」

小木「そう」

矢作「まどか☆マギカ観に行って、こんなこと言うのもアレだけど、オシャレ」

小木「ふふ(笑)」

矢作「断言していい。まどか☆マギカは、オシャレ映画だね

小木「オシャレだったね。サラリーマンとか、オッサンもいるの。オタクっぽくないの」

矢作「そう。スカイラインとかが、羊の皮を被った狼のようにっていうけど、まどか☆マギカは、アニメの皮を被ったオシャレだよもはやオシャレ映画だよな」

小木「凄かったね」

矢作「内容は言えないんだけど…悪いところと言ったら、やっぱり辻褄が合うようになんだけど、凄い説明が多い

小木「やっぱり2時間じゃ足りないんだよね。ああいう複雑な入り組んだものなんだから、やっぱり無理があるんだよね」

矢作「ちゃんと12話やって、ちょうど良い内容だよね」

小木「そう」

矢作「説明が多くなるね」

小木「2人の会話劇みたいな感じなってたね。そういうシーンもあって」

矢作「ドラマの劇場版とかは、映画だけ観ても楽しめるけど、まどか☆マギカは、前を観てなかったら分からないよね。たぶん、観てない人たちは相手にしないんだろうね」

小木「うん」

矢作「まどか☆マギカは、完全に新規の人を捨ててるように見える」

小木「完全に繋がってるからね」

矢作「むしろ潔いね。いちいち分かりやすくしないで、前からの大好きな人が喜べば良いって感じ」

小木「ファンが多いから良いんだろうな」

矢作「オシャレ映画と俺は認識しました。もう、ヴィンセント・ギャロですよ」

小木「こういうの、海外に持っていけばいいのにね」

矢作「これは持って行った方が良いね。オシャレだよ」

【関連記事】
「魔法少女まどか☆マギカ」脚本家の虚淵玄インタビュー

「魔法少女まどか☆マギカ」脚本家・虚淵玄への質問

山里亮太「加藤浩次もハマっている『魔法少女まどか☆マギカ』」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,魔法少女まどか☆マギカ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:髭男爵・ひぐち「月収、浮気相手を暴露」

前の記事:ナイナイ・岡村「グラビアアイドルのウソばかりの発言に嫌気がさす」