TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作が語る「バイク事故の様子、病状」

おぎやはぎ・矢作が語る「バイク事故の様子、病状」

2013.08.09 (Fri)
2013年08月08日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、バイク事故で左手骨折した矢作が、病状などについて語っていた。ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「〜おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]

小木「事故直後だから、これないって聞いてたんだけどさ」

矢作「もう…痛いんだけどさ(笑)」

小木「見た目がヒドイもんね。手を吊るしてるし」

矢作「背中もさ…」

小木「なんだそれ、脇腹も」

矢作「痛い、痛い…」

小木「血で黒くなっちゃってんじゃん」

矢作「黒いTシャツ着てるからね(笑)…もう笑わせないで、痛くてさ」

小木「見た目は最悪だよ?本人的にはどうなの?」

矢作「痛いよ、まだ」

小木「鼻も擦っちゃったね」

矢作「顔を擦っちゃったからね。大変だったのよ。見た目がアレになっちゃって」

小木「そんな変わらないけどね。リスナーが心配するほどじゃないね」

矢作「ホント?変わるでしょ、コレ」

小木「何日間か経てば」

矢作「そりゃそうでしょ。何日間か経てば治るでしょうけど…今の感じ、ヒドイでしょ?」

小木「もっと腫れてボコボコになってるのかと思った」

矢作「俺も怖かったの。事故で、顔を擦ったのが分かったのよ」

小木「あぁ…ニュースでは、トンネルの壁に激突、みたいな感じで、まぁそれは怖い感じの書き方してんのよ。高速道路のトンネルの壁に激突って、もう最悪なこと考えるじゃん?」

矢作「そうね」

小木「その割には、なんだよね」

矢作「そうだね」

小木「高速道路でぶつけたんだから、スピードも出てるから、意識無くなりそうじゃん」

矢作「全部意識あった。元々、スピードも出してないのよ」

小木「うん」

矢作「バイクの運転に自信がないのよ。しかも初めての高速道路で、スピード出してみたけど怖いわけ」

小木「初めてだしね」

矢作「速いの怖いのよ。バイクに乗っててこんなこと言うのアレだけど…バランス崩すと終わりじゃん」

小木「うん」

矢作「ちょっとした段差でバランス崩すかもしれないから、法定速度80 Kmで60 Kmとかで走ってるの。迷惑な話よ」

小木「流れに乗れてなくてね」

矢作「前の車の後ろについてて、それくらいだし。安全運転でしかも直線で」

小木「トンネルの中なの?」

矢作「入ったところで。そしたら、道路の歪みなのか…前輪とハンドルが持ってかれて」

小木「急に?」

矢作「そう。それで、普通、ちょっと立てなおして失敗して、とかじゃない?もう立て直すもなにも、ぐるぐるバーン!って転んじゃったの」

小木「どういうこと?ぐるぐるバーン!って(笑)」

矢作「ハンドルが揺れた瞬間、転んじゃった感じ」

小木「あぁ」

矢作「それで後続車の人が救急車呼んでくれたんだけど、その人に『どうなってたんですか?』って訊いたら、『横の壁にぶつかって、そのまま追い越し車線の方まで転がって行きました』って」

小木「怖いね。追い越し車線に車いたら、終わりだね」

矢作「そう。後続車にぶつかることはなかったんだけど」

小木「そこ、意識はあったのに、ぶつかったことは覚えてなかったの?」

矢作「目をつぶっちゃってるから。怖くて(笑)」

小木「ふふ(笑)」

矢作「顔が一瞬、サって擦ったのは分かったの」

小木「うん」

矢作「それ、意識あるから、『あぁ~顔擦っちゃった』って思って。テレビに出る仕事だし、そこヤバイって思うんだよね」

小木「そうね」

矢作「後ろの車の人が『大丈夫ですか?』って来てくれたのね。救急車呼んでくれたんだけど、その間に『顔、大丈夫ですか?』って訊いちゃうもんね」

小木「ナルシストみたいじゃん(笑)」

矢作「そう。ナルシストみたいなんだけど、擦ったのが擦り傷なのか、結構こすっちゃってるのか分からないから、怖くてしょうがないの

小木「顔は自分で見れないからね」

矢作「そう。全身打撲で立ち上がれなくて」

小木「うん」

矢作「救急車来て。10~15分くらいで」

小木「高速道路で怖いね」

矢作「でも、その直後に覆面パトカー来て、交通整理してくれたよ」

小木「不幸中の幸いだね」

矢作「ホントだね」

小木「事故で来れないかと思ったよ」

矢作「これだけ言いに来たのよ。自分の口から言わせて欲しいって思って」

小木「なに?」

矢作「リスナーのみんな…なんかね、メールが凄かったんだって。心配してくれてて」

小木「ウチの奈歩も心配してたよ」

矢作「奥さんもリスナーだからね。あと、ご迷惑をかけた関係者だね。これは謝らなければね。大変心配とご迷惑をお掛けました。ホントにすいません…迷惑掛けちゃうのがイヤでさ」

小木「そうだね。自分のケガよりね。ベッキーも心配してたよ。ツイッターで」

矢作「うん」

小木「優しいんだよ、ベッキーが」



矢作「あぁ、そう?」

小木「あと、篠田麻里子も」



矢作「うん。篠田はちょっと勘違いしてるんだけどね…今日、俺がラジオ行くって知ってて。俺たちクソメンとかクソガール(注:イケメンなどに対する言葉)とか言ってるじゃん?」

小木「うん」

矢作「『今日も頑張ってくださいね、クソラジオ』って言ってた(笑)」

小木「はっはっはっ(笑)」

矢作「聞いてる人を、クソメン、クソガールって言ってるけど、自分たちのラジオのことをクソラジオとは言ってないんだよね(笑)」

小木「AKBの宮澤佐江からもきてますよ」



矢作「うん」

小木「小嶋陽菜も」



矢作「そうか…AKBのスタッフとテレビ局に小嶋陽菜が一緒にいたの。それで俺に電話掛かってきたの。それで小嶋陽菜が代わったの。『矢作さん、大丈夫ですか?』って」

矢作「うん」

小木「『大丈夫じゃないよ。凹んでるんだよ』って言ったら、『あぁ、そうなんですか』って」

矢作「いいな、小嶋陽菜から電話って」

小木「それで、有吉さんも」



矢作「ふふ(笑)兼ちゃんったらって、全くその通りだね」

小木「あと、三村さんも」



矢作「よくわからないね。天才的な文章(笑)」

小木「あと、雨上がり決死隊の宮迫さんからも」



矢作「優しいね。…今回、グっときたよ。こういうの初めてだから。朝から、ずっとメールがきて。昨日の夜中から、今日の夕方まで、ずっとメールがきて」

小木「昨日の夜にニュースになったもんね?12時くらいで」

矢作「そう。正直、痛くてツライわけ。でも、嬉しいんだよね」

小木「そこで助けられるんだよね。みんなの声で」

【関連記事】
千原ジュニアが語る「バイク事故からの生還、芸人復帰」

加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」

爆笑問題・田中が語る「2週間の知られざる入院生活」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,バイク,交通事故,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイナイ・岡村「爆裂お父さんで『AKBスタッフは誰も笑っていなかった』」

前の記事:08/08のツイートまとめ