TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作「土屋アンナの騒動にみる原作と映像化の解離」

おぎやはぎ・矢作「土屋アンナの騒動にみる原作と映像化の解離」

2013.08.02 (Fri)
2013年08月01日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、土屋アンナの初主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』が中止となった一連の騒動について、原作と映像化の解離について語っていた。ANNA BANANA

矢作「土屋アンナの件だけど」

小木「昨日、そんなニュースがあったね」

矢作「揉めてんでしょ?」

小木「揉め事には、顔出さなきゃね」

矢作「たしかに、揉め事が好きだけど(笑)」

小木「うん」

矢作「原作者がイヤだって言ってるんだよね。この舞台に対して」

小木「うん」

矢作「内容が違うって。これではイヤだって」

小木「製作者と原作者が揉めてんの?」

矢作「土屋アンナは、どうやら原作者側の意見らしいんだ。原作者がイヤだっていうのはやりたくないって」

小木「そういうことか」

矢作「どっちかって言うと、演者は製作者側じゃん?」

小木「普通はね」

矢作「製作者側も、その脚本でOKしたのに、やらないっていうのはおかしいんじゃないかって」

小木「どっちが悪いの?矢作裁判は」

矢作「映画化されたりしたときに、全然口を出さない人と、出す人がいるじゃない?」

小木「うん」

矢作「映画に許可した時点で、もう観たくないって人もいるらしいのよ。あの苦役列車の西村賢太さん、スゲェ文句言ってたじゃん」

小木「うん」

矢作「その人が、映画化された時に、あの人は『全然おもしろくない』って。『主役も、全然イメージが違うし』って(笑)」

小木「うん」

矢作「多いらしいのよ。原作を書いた人が、映画とかは観たくないって」

小木「劇団ひとりも言ってたね」

矢作「観なかったんじゃなかったからな。『もう、お渡ししたものだから、好きにやってください』って」

小木「そうそう」

矢作「この原作者の人は、どういう契約なのかは分からないけど」

小木「うん」

矢作「舞台をやってくださいって許可はした覚えがないってことらしいけどね。言った言わないの話で」

小木「そこって、契約書じゃないの?」

矢作「オチで、主人公が死ぬ死なないって話があって」

小木「原作と違うんだ」

矢作「それで、揉めちゃって。土屋アンナって、男気あるタイプじゃん?」

小木「男気あるよ」

矢作「原作者がイヤっていうものを、そんなものはできないって感じで」

小木「それで中止なんでしょ?」

矢作「製作者側は、正直、困ってんじゃない?」

小木「うん。なるほど」

矢作「大変だよ、これ」

小木「賠償金とかでしょ」

矢作「許可してないって言われたら、何もできないね」

小木「うん」

矢作「でも、あんまりにもオチがヒドかったりしたら、イヤだよなぁ」

小木「うん」

矢作「俺、『模倣犯』ってあったでしょ?宮部みゆきの」

小木「うん」

矢作「あれ、本で読んでてさ。原作と映画って、なかなか原作を映画は越えられないって分かってるんだけど」

小木「うん」

矢作「観に行ったんですよ、映画『模倣犯』」
模倣犯 [DVD]

小木「オチが違うんだっけ?」

矢作「最後の大オチでね、スゴイシーンがあるんだけど。一言、俺が映画館で『なんだこれ?』って言ったとするよね。そしたら、会場が大爆笑になるくらいヒドイの(笑)」

小木「ヒドイんだ?(笑)」

矢作「もうね…ヒドイって言っていいのか分からないけど…驚いたよ。『こんなことして良いの?原作者が観たらどう思うんだろうか』ってくらいの」

小木「原作者は、もう良いんでしょ?」

矢作「(権利)あげるんだから、しょうがないけどね」

【関連記事】
爆笑問題・太田「土屋アンナの騒動が不思議ではない演劇界」

おぎやはぎ・小木「許可無く写メなどを撮られた時の反撃方法」

山里亮太が語る「芹那をキライな理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,土屋アンナ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:08/02のツイートまとめ

前の記事:おぎやはぎ・小木「許可無く写メなどを撮られた時の反撃方法」