TOPたまむすび ≫ 博多大吉、「めんたいこを作った男」川原俊夫の太っ腹精神が根付く福岡に改めて驚く「30個コロッケを買って、50個おまけ」

博多大吉、「めんたいこを作った男」川原俊夫の太っ腹精神が根付く福岡に改めて驚く「30個コロッケを買って、50個おまけ」

2019.03.06 (Wed)
2019年3月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、「めんたいこを作った男」川原俊夫の利他的・太っ腹精神が根付く福岡に改めて驚いたと語っていた。



赤江珠緒:めんたいこを作った男、川原さんの語録っていうのがいいですね。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:「儲かってどうするとか?カネを残してどうするとか?こうしていられるのは、全て地域のおかげ。恩返しをしなさい」と。

博多大吉:ふふ(笑)

赤江珠緒:そう。だから、どうなんですか?10万足売れて…(爆笑問題・太田、宇垣美里アナはフリー転身で「仕事ないと思うよ」と発言「宇多丸におだてられて調子に乗ってるみたいだけど」)

博多大吉:だから僕は、グッズなんか別に作られてもいいんですよ。「儲かってどうするんだ?」って話。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:だって、川原さんって凄いんですよ。税金を払うために、会社組織になかなかしなかったとか。

赤江珠緒:わざと?

博多大吉:うん。いくら稼いで、いくらまで税金はもっと払えるのか、とか。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:そういうことをずっとやってた。

赤江珠緒:あ、むしろ税金をちゃんと払おうと。

博多大吉:払いたい人。節税とは真逆のことをしばらくずっとやってた。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:でもね、このイズムってすげぇなぁと思ったのがね、この前、記念公園の時ね、華丸が好きなコロッケがあるんですよ、とあるコロッケ屋さん。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:揚げもん屋さんが揚げるコロッケがね。それをまぁ30個とりあえず仕入れておこうって、スタッフさんが買いに行ったんです、予約して30個。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、30個お金払って受け取って、「ありがとうございました。すみません、こんな…」って言ったら、大将が「毎年ありがとう」と。「ちょっと待って。これは俺からの気持ちやけん」って、コロッケ50個くれたんですよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:だから、スタッフさんが80個のコロッケ持って帰ってきたの(笑)

赤江珠緒:ええ?!

博多大吉:凄くない?30個の注文に対して、おまけ50個つけるんだよ。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:いや、もう…(笑)

赤江珠緒:ちょっと不思議な太っ腹ですね。

博多大吉:いや、そういうイズムですよ。「めんたいぴりりイズムってまだあるんだな、この福岡の街に」って。

関連記事


博多大吉、華丸が主演の映画『めんたいぴりり』を「華丸さんと見に行きました」と告白「お客さんが少なかったから…」

博多大吉、映画『めんたいぴりり』のPRで舞台挨拶を自ら提案するも大作映画の舞台挨拶とバッティングして「映画館側がピリピリ」

博多大吉、自ら立候補する形で映画『めんたいぴりり』の舞台挨拶を行ったと明かす「誰かやった方がよくない?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,めんたいぴりり,川原俊夫,たまむすび,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:有吉弘行、「スポンサーが競合する」と考えて発言しようとするも撤回「CMが競合するかもな。やめとこう」

前の記事:博多大吉、吉本興業によってキャラグッズが本人たちの許諾を得ずに販売されていると明かす「許可もクソもない」