TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ 有吉弘行「褒められた時の上手い返し方」

有吉弘行「褒められた時の上手い返し方」

2013.07.19 (Fri)
2013年07月18日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」にて、有吉弘行が「褒められた時の上手い返し方」について語っていた。お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

有吉「褒め言葉、素直に受け取れないね」

マツコ・デラックス「そうだよねぇ」

有吉「照れくさいしっていうのもあるし」

マツコ「うん」

有吉「手のひら返しを見てきたから、今までに」

マツコ「ふふ(笑)」

有吉「それはもう、素直に受け取れないよ。知ってるんだもん。それが嘘だってことを(笑)」

マツコ「あと、逆に自分も心にもそんなにないこと、言っちゃうじゃん?それは他の方だってやっちゃうでしょ?」

有吉「うん」

マツコ「そこまで深く考えずに、挨拶みたいなもんだと思えば良くない?」

有吉「うん」

マツコ「『あぁ~どうもどうも』みたいな。そんなもんじゃない?」

有吉「うん」

マツコ「人を褒める、人を真剣に褒めるって、そんなになくない?」

有吉「そうだね」

マツコ「それは、(真剣に思ってないくらいで)言えるくらいのことなんだよ。逆に本当に思ってたら、そんなライトな環境で、ライトに言ってこないよ」

有吉「そういう風に言われたらどうする?すっごい褒められたら」

マツコ「そこはちょっと反省しなきゃいけないんだけど、突っかかっちゃう(笑)」

有吉「ふふ(笑)」

マツコ「『ウソでしょ?』とか。取材受けてて、インタビュー中に言われると、カチンってきちゃうんだよね(笑)」

有吉「うん、そうだね」

マツコ「私みたいなのは、『ウソでしょ?』って言っても、またそれがネタになるからいいけどさ、会社勤めでそれやっちゃうとダメだから…そこは、『ありがとうございます』って言っておけばいいんだって…アンタはどうするの?」

有吉「僕は、もう謙遜攻撃ですね」

マツコ「『有吉さん、時代の寵児で…』」

有吉「いや、もう危ないです」

マツコ「そんなに食い気味にくるの?(笑)」

有吉「本当に早いです(笑)」

マツコ「何を言うかまだわからないじゃない?(笑)」

有吉「褒める時って、口元が緩んでるから(笑)」

マツコ「早っ(笑)私より質悪いよ?(笑)」

夏目三久「ちょっぴり嬉しいなって気持ちもありませんか?」

有吉「ちょっぴり嬉しいなっていうのは、人によるかな」

マツコ「『この人は、本当に思ってないと言わないだろうな』っていうくらいの人に言われたら嬉しい」

有吉「うん。人によるだろうな」

マツコ「『スゴイじゃない、有吉反省会』って言われたら?」

有吉「いや、全然。僕は何もしてないです。あれ全部、バカリズムがやってくれてます…って言いますね。僕、誰か褒めるの好きだから、意外と(笑)」

マツコ「はっはっは(笑)そういうのもあるのね」

有吉「誰かに転嫁します。それが一番かっこいいかな」

マツコ「私もそれしちゃってる。面倒臭いとき。この番組のこと言われたら、『あれはもう、有吉さんと夏目ちゃんが。そこらへんの人と一緒にされちゃ困るわよ?』って」

有吉「それ一緒だ(笑)俺もみんなのお陰だっていってる(笑)」

マツコ「言っちゃうね。人のお陰だっていうね」

有吉「あとは、スタッフのお陰だって。『編集がうまい』って」

マツコ「それいい方法だね。誰かのお陰にするって」

有吉「うん」

マツコ「たとえば、会社の同僚で、コンビを一緒に組んでる人とか、上司とかの名前を出して、『あれは○○さんのお陰ですよ』って言うと、カドも立たないし」

夏目三久「本当にその人のお陰だったりもしますしね」

マツコ「もちろん」

【関連記事】
有吉弘行「人見知りな志村けんの素顔」

マツコ・デラックス「製作側はネットの批評を鵜呑みにするな」

有吉弘行「『アッコにおまかせ!』のニュースの扱い方がヒドイ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,マツコ・デラックス,夏目三久,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:マツコ・デラックス「『今の若者は欲が無くてダメ』という風潮は間違い」

前の記事:07/18のツイートまとめ