TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「4Kから8Kへのテレビの進化は間違っている」

伊集院光「4Kから8Kへのテレビの進化は間違っている」

2013.06.05 (Wed)
2013年6月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、4Kテレビや8Kテレビといった高解像度のテレビの進化について語っていた。

ソニー 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応4K対応液晶テレビ KD-55X9200A(USB HDD録画対応)

8K、4Kテレビの必要性

伊集院光:8Kテレビとか、ますますよく分からないというか、今後、テレビをどうしたいのかが、分からないって気がしたね。8Kテレビ、4Kテレビ…今あるハイビジョン放送の4倍の粒子が細かいテレビが4Kテレビで、さらにその倍が、8Kテレビなんですけどね。

なんでそんなのが必要かというと、テレビがどんどん大画面になると、50型ぐらいになってくると、今までのDVDぐらいの画像を50型に映そうと思うと、1個1個の四角がデカすぎて、むしろ荒くなっちゃうよ、と。だから、50型以上は4倍密度にしないと困るよって話なんですよ。

(NHK放送技術研究所の一般公開「技研公開2013」で)120型くらいの8Kと、さらには300型のスクリーンで8Kを見せてくれてたんだけど、もはや一般の人のものじゃないよね、そんなの。テレビがどんどん綺麗になるっていっても、80型のテレビを置くような暮らしなんか、来ねぇよって(笑)

さらに思ったのは、300型のスクリーンで、この間のオリンピックの映像とか、リオのカーニバルを見せてくれるんだ。そこで、ウサイン・ボルトが新記録を出す映像を見せてくれるわけ。そこで、細かさを見せるために、ウサイン・ボルトのアップじゃなくて、全選手を撮ってる映像を見せてくれるわけ。

全選手を撮ってる8Kで撮ってて、300型のスクリーンで映してるってことは、細かい密度比は計算してないけど、要はその中のボルトだけ切り取ったら、ハイビジョンでボルトが40型で映ってたり、50型で映ってるのと変わらないから、それで良いんだと思うんだけね。

だけど、映ってるものって観るじゃん。ボルトが走ってるときに、ボルトは真ん中にいるんだけど、右から何番目かにいる選手が、途中で足がつるんですよ。足がつったところばっか見る(笑)

あと、用意スタートの手前くらいで、観客の一人が瓶を投げてる。そればっかり見る。だから、ボルトのスタートをはっきり見逃してて(笑)

『50型であれだけ細かいものを作りました』ってことになったら、虫眼鏡で見ても、ちゃんと見れるって、そんな意味の分からないことになっていくような気がするんだ。

テレビにおける臨場感とは

あと、野球を見ているってことを想定したら、8Kでアップにする必要ってないじゃん。アップにして何が面白いんだってことになるんですよ。より汗が見えて臨場感があるとかいうけど、もともと、テレビの褒め方として、臨場感ってウソだと思うんだ。テレビに求めているものは、臨場感とはちょっと違うものだと思う。

「まるでそこに居るような」ってことも、ちょっと違うと思うんだ。野球場で野球を見ているときは、自分の好きなところを見て、臨場感も感じるし。だけど、テレビで見ているときは、テレビにコントロールされている画を楽しむしかないじゃん。

スイッチングされた画を楽しむしかないし。だけど、8Kになると、おそらく、84インチ、100インチで内野全体を映して、自分で好きなものを見ていく、っていうのが正しい見方になると思うんだけど。みんなね、そんな能力をこの齢になるまで鍛えてない。自分が今、見るべきものを、テレビの中から、何にも誘導されずに見つけるって。

野球場にいるときって、色んな余計な情報が入ってるから、1球1球でいったら、見逃す球は多いよ。要するに、テレビって、ピッチャーとバッターに切られちゃえば、そこに入ってる情報に集中せざるを得ないけど、たまにビール売りの新米が張り切りすぎて、上から下に蒲田行進曲並に落ちるみたいなことが起こっちゃうから、「今、何が起きた?」みたいなことが起こるじゃん(笑)

ゼロ歳からそういうテレビに慣れてれば分からないけど、俺らは、おそらくテレビに映ってないところを観たい、細かいところを観たいって言う割に、実際、映されたとき、それを的確に見ていくことはできない気がする。

8Kが出ることでの4Kの買い控え

さらには、8KのテレビをNHKが2020年から放送始めますよっていうんだけど、4Kが始まってないのに、その先の8Kのテレビ始めますよなんて、ホントに止めた方がいいですよ。絶対に買い控えるじゃないですか。

「無理して4K買おうかな、止めようかな」って思ってる時に、「俺は8K出るのを知ってるから、4Kはパスなんだ」っていうと、とても前向きに買わないことができるね(笑)「金がないんでもない上に、遅れてるんでもない。俺は2020年に8Kが出るのを知ってるから買わないだけだよ」って。絶対、背伸びして4K買う人なんかいないよなって思う。

8Kは、撮影だけにしておいた方が良いと思うよ。いつかは8Kのテレビは出ると思うから、8Kで撮影した素材はいっぱいあるから、4Kで今まで放送してきたけど、8Kでも見れますよ、みたいな。

ズームを主体とした4K、8Kの使い方

あと、今のハイビジョンのテレビとか、4Kのテレビに、8Kで撮った映像を映して、どんどんズームしてもズームしても荒くならければそれでいいでしょ、それが正しいでしょって思うんですよ。

水泳の映像があって、今、どっちが先にタッチしたのってことになって、どんどんズームしていったら、本当に指先が着いてるか着いてないかが、拡大しても拡大しても粒子が荒れなかったら、それが正しいやり方だと思うんだよね。

技研好きで、中学時代から行ってるんだけど、中学の頃は、『こういうのが全て手に入る』って思ってたんだけど、今は、もうこの齢になると、『手が届かないものだ』っていうのは分かっちゃうんだよね。

テレビ局が4K、8Kの技術を持て余す可能性

あと、自分がコンテンツを作る側にいるから分かるんだけどね。マラソンで先頭から第一集団、第二集団、第三集団を全て映した上に、そこの情報を文字情報で瞬時に切り替えられます、みたいなのが書いてあるんだけど、民放にそんな予算ないって。そんな人員いないって。

たとえば、『この番組のホームページを作りましょう』ってことになったら、ADの金子くんが死ねば良いってことになると思うんですよ(笑)結局のところ、ここに何か予算が組まれてホームページとリンクして面白いものを作ろう、なんてことをするような人材育成もしてなければ、予算配分もしてないんですよ。

テレビもそうで、テレビの番組表に、番組のキーワードを事細かに全部書いてくれるスタッフを1人雇えたら、ハードディスクレコーダーも便利になるけど、実際は、Qさまの編集って、放送の1時間前までやってるから。ということは、その細かい内容なんて、誰も分からないまま、みんな必死こいてテレビ作ってるから、いっぱいいっぱいの労力で作ってるから。

技術研究はしておいたほうが良いし、夢があるけど、ワクワクするってよりは、「うわぁ、絵に描いた餅感、強いなぁ」って(笑)もっというと、NHKの莫大な予算で始めると、なんかやらざるを得なくなってって、その労力はどこにいくの、ってことばっかりで技研を見て、考えちゃうね。

たとえば、8Kテレビの100何型を持ってる家と、普通のハイビジョンのテレビの30型を見ている家と、同じエンターテイメントを両方が楽しんでもらえるような番組を作る自信は無い。大それたことを言えばね。テレビは依頼があったら、一生懸命出るしかないけど。

4K、8Kに視聴者は対応できるのか?

想像がつかないんだよね。8Kのテレビの特性って、そういうことじゃないと思うんだ。ドラマと演劇くらいの差があって。8Kのデカイテレビで、大きな空間の演劇みたいなのを撮って、自分で探すんだろうね、見るところを。80何型、100何型は。

俺らは14型で見てたからね。100何型で8Kだったら、14型のテレビをいっぱい積んでるって考えたら、端にいる人をずっと見てれば、昔の14型テレビより綺麗だし細かいわけでしょ。でも、デカイテレビで見てるってことは、自分でスィッチングするってことでしょ?それって、才能が要るんだよ。

自分の好きなを観たいって思うかもしれないけど、好きなところを探して見て、話を理解するって、結構な才能だから。それは俺は無理な気がするんですよ。

それに、「ウチは8畳間だけど、8Kテレビ欲しいな」ってなったら、8Kテレビをどんどん小さなもので作っていこうってことになって、結局、45型くらいの8Kテレビが出たときに、今度はそれを虫眼鏡で見るわけじゃん。それは面白いのかね?

もっというと、これは専門家の人しか分からないから、想像でしかないけど…家の大きさにあわせて、小さな8Kテレビを作っていこうってことになると、人間の目で8Kと4Kって区別つくのかね?100何型だったら、相当違うと思うんだけど、40型くらいで考えた場合に、恐らく、「8Kと4Kって、両方とも綺麗ってくらいのもんなんじゃないの?」って思うね。

コンテンツ権利関係と技術革新

それより先に、権利関係をキレイにして、自由に再放送がみられるようになったりとか、YouTubeで見ればあるってことを公然と知ってるにも関わらず、正式には無いことになってる、みたいなのを整備する方が、良いんじゃないか、と。技術研究より、権利の整頓をした方が、絶対にテレビが面白くなると思うんですよね。

俺はテレビを全録してるんですけど、1話2話3話、まとめてなら観ようかなってもので、暇な日に見たら4話が待ちどおしくなって、リアルタイムで観たりしてるからね。そうやって考えると、プラスはいっぱいあるし。もっとCMも邪魔にならず、CMにお金を出す意味があるようにするような研究をしないとね。

技研は技研で、技術開発をやっててくれる必要はあるとは思うけどね。いざ、その時がきたときに。

【関連記事】
伊集院光「タイムシフトマシンが変える世界」

伊集院光「REGZA Z7に非純正ハードディスクで増設する方法」

伊集院光「テレビ放送局の既得権益とダウンロード禁止法」

伊集院光「Xbox Oneが日本でコケる2つの理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,4Kテレビ,技研公開2013,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:爆笑問題・太田「みうらじゅんは、無駄な秋元康だ」

前の記事:06/04のツイートまとめ