TOPダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! ≫ ココリコ・遠藤からダウンタウン・浜田への手紙

ココリコ・遠藤からダウンタウン・浜田への手紙

2013.05.19 (Sun)
2013年05月19日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」にて、「いち早く50歳を迎える浜田に他のメンバーがマジで感謝の手紙を贈る」という企画が行われており、ココリコ・遠藤が、ダウンタウン・浜田雅功への感謝の手紙を送っていた。ココリコミラクルタイプ 恋のみそ味 <低価格版> [DVD]

ココリコ・遠藤章造「浜田さんへ。僕がガキの使いの前説をやらせていただけるようになったのは、今から16年前です。しかし、その裏では、芸人として本気で悩んでいた時期でもありました」

「当時、ココリコというコンビは、同期の芸人に比べ、なんの特徴もない悪い意味での優等生タイプで、前に出ることもできない状況が続いていました。そこで僕は、悩みに悩んだあげく、自分とは天と地ほども差がある浜田さんに勇気を振り絞って相談を持ちかけていたのです」

「すると、浜田さんは前説をやっていた若造の僕のために、わざわざ西麻布の高級店の個室を予約してくださり、一対一で僕の相談に乗ってくれました。そして浜田さんは、僕の相談が分かっていたかのように、アッサリと一言だけ、『オレをどついたらエエやん』と言ってくれたのです」

「それは当時の若手で、浜田さんをツッコめる人間など居るはずもなく、それをすれば、一気にココリコ遠藤という名に注目が集まるだろうという意味が込められた意図でした。実際に、浜田さんにツッコむことなど、今もできませんが、当時、浜田さんが自分のことをそこまで考えてくれていたのだと知り、この人が居れば、安心して芸人が続けられると思ったことを、今でもはっきりと覚えています」

「さらに数日後、他の番組の収録で、僕のことを『章造』と呼んでくださり、僕と浜田さんの関係を、スタッフの方々や、他の演者さんに、印象づけてくれました」

さらに、以下のように語っていた。

「あと、僕が離婚し、芸人としてのイメージが悪くなるのではないか、と一人で悩んでいた時も、浜田さんは何かを察したかのように、僕を食事に誘ってくれ、『今回の離婚は、男として、すべての責任を背負え。絶対にテレビで、言い訳じみたことを言うな。それでもどうしても何かを言いたいことがあったら、俺だけに言え』と言ってくれました」

「さらに番組内でも、浜田さんと松本さんは、離婚のことを笑いに変えてくれ、年末の特番では、共演できるほどになりました。本当に、浜田さんには心から感謝しております。僕が芸人になってから今まで、浜田さんという大きな船に、何度も助けられてきました。これからもまた、アホな僕は、いろいろと相談することもあるとおもいます。でも、懲りずに相談に乗って下さい。そして、10年後、浜田さんが還暦を迎える頃には、頑張って、ココリコという名の船を少しでも大きくしておきますので、その時には、たまには僕らの船に乗って、のんびりしてください。 ココリコ・遠藤章造」

【関連記事】
ライセンス・井本からダウンタウン・浜田への手紙

ライセンス・藤原からダウンタウン・浜田への手紙

ココリコ・田中からダウンタウン・浜田への手紙

ダウンタウン・松本人志から浜田雅功への手紙

月亭方正(山崎邦正)から浜田雅功への手紙


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ココリコ,遠藤章造,浜田雅功,ダウンタウン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
次の記事:ダウンタウン・松本人志から浜田雅功への手紙

前の記事:05/18のツイートまとめ