TOP小島慶子&ミッツ・マングローブのANN GOLD ≫ 壇蜜「現在のキャラに目覚めたきっかけの一言」

壇蜜「現在のキャラに目覚めたきっかけの一言」

2013.04.18 (Thu)
2013年04月17日放送の「小島慶子のオールナイトニッポン(ANN)」にて、壇蜜がゲスト出演しており、現在のキャラに目覚めたきっかけの一言について語っていた。壇蜜

小島慶子「オンナ同士でも、(女風呂で)見ます?人の体」

壇蜜「見ます、見ます」

小島慶子「見るよね。色んな胸ってあるなぁって思ってね」

壇蜜「はい」

小島慶子「この間、女子中学生の子に話をしたんだけどさ、この番組で(小島慶子「胸が小さい女性へのエール」)」

壇蜜「はい」

小島慶子「絶対に女が許せる女の体って、ものすごく許容の幅が小さいじゃない?」

壇蜜「リカちゃん人形みたいな」

小島慶子「そう。モデルみたいな体しか許せないけど、本当に女風呂とか行くと、男って寛容だなって思いますよね」

壇蜜「あぁ」

小島慶子「この胸も、このお腹も、このお尻もアリなんだなぁって。男の人って優しいなぁって」

壇蜜「そうです。男の人の方が、間口広い、広い」

小島慶子「ねぇ。女だけよね?胸の形とかお尻のラインとかに厳しいの」

壇蜜「それが自分たちをがんじがらめにしちゃってるんですよ。『こうじゃなきゃいけない』って思うから、男性に対しても自分に対しても厳しくなり過ぎて、ギクシャクしちゃうの」

さらに、以下のように語っていた。

小島慶子「壇蜜さんは、自分の体が綺麗なんじゃないって思い始めたのはいつ?」

壇蜜「未だに思ってないですよ」

小島慶子「えぇ?でも、仕事にしてみようかなってさ、思ってるわけでしょ?」

壇蜜「んー高校生の時に、調理実習でサバの味噌煮作ったんですよ」

小島慶子「うん(笑)」

壇蜜「その時に、クラスメイトに『斎藤さん(本名:齋藤支靜加)って、サバに似てるね』って言われたんですよ」

小島慶子「えぇ?」

壇蜜「それで『もしかしたら、私、官能的なものを持ってるんじゃないか』って、その時に目覚めました」

小島慶子「何その読解力(笑)『サバに似てる』で、なんで官能的?」

壇蜜「あんなに光ってて、あんなにブリブリしてて」

小島慶子「表面にちょっと、モヤモヤっとした模様があってね」

壇蜜「たまんないじゃないですか」

小島慶子「あっ、それで?」

壇蜜「はい」

小島慶子「それで、中学の時についたアダ名が…」

壇蜜「愛人」

小島慶子「それでピンってきたんだ?」

壇蜜「鯖煮の愛人ですよ」

小島慶子「はっはっはっ(笑)」

壇蜜「もう、たまらないじゃないですか(笑)」

小島慶子「サバは偉いよ。放送局で出るお弁当もさ、何種類かあったとき、絶対にサバ選ぶもん。ハズレが無いから」

壇蜜「サバはハズさないです」

小島慶子「脂も乗ってるしね」

壇蜜「煮てよし、焼いてよし、〆てよし」

小島慶子「よくシマるよね、サバは(笑)美味しいよね」

壇蜜「よくシマります。酢〆が最高です」

【関連記事】
壇蜜「童貞は国の宝です」

伊集院光「紅音ほたるよ、俺たちの夢を壊すな」

伊集院光「壇蜜の支持層に感じるしゃらくささ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 小島慶子,壇蜜,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  小島慶子&ミッツ・マングローブのANN GOLD
次の記事:壇蜜「童貞は国の宝です」

前の記事:04/17のツイートまとめ