TOPたまむすび ≫ 町山智浩、映画『search/サーチ』は「恐怖と感動が両立」した作品であると語る「スピルバーグ監督とシャマラン監督を尊敬」

町山智浩、映画『search/サーチ』は「恐怖と感動が両立」した作品であると語る「スピルバーグ監督とシャマラン監督を尊敬」

2018.09.13 (Thu)
2018年9月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、「恐怖と感動が両立」した作品であると語っていた。



町山智浩:「最悪の悪夢の映画」って言ったんですけど(町山智浩、ハリウッドでは異色な「インド系映画監督×韓国系俳優」タッグの映画『search/サーチ』を解説「今までありえなかった組み合わせ」)、最悪の悪夢の映画でもあるんですけども、なんとこの映画は、家族全員で揃ってみることができるんですよ、この『search/サーチ』っていう映画は。

赤江珠緒:おっ、そうですか。家族、ファミリーで見ても大丈夫。

町山智浩:全然、大丈夫です。『search/サーチ』っていう映画は、家族全員で見て大丈夫で、家族全員で見て怖くて。これ、ちょっと映画会社が隠しているから言いたくはないんですけど、言っちゃいますと…恐ろしいけど、これ感動するんですよ、この映画。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:最後、なんと感動が待ってますね。お父さんが子供を連れてって全然OKですよ、これ。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

町山智浩:でも、ちゃんと怖いんですよ。で、「どうしてそういう映画にしたのか?」って訊いたら、「スピルバーグを尊敬しているからだ」と言ってました、監督は。

赤江珠緒:うん、なるほど。

町山智浩:スピルバーグと、シャマラン監督。「シャマラン監督の『シックス・センス』とか、スピルバーグは死ぬほど怖い。死ぬほど怖いけど、家族で見れて感動もあるだろ」と。

赤江珠緒:ほう。

町山智浩:「全部が両立することは可能なんだということを、スピルバーグとシャマランが教えてくれた」って言ってました。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:同じインド系ですけどね。

赤江珠緒:ああ、そういう映画なんですね。

関連記事


映画「search/サーチ」(原題 serching)あらすじ・ネタバレ・結末

町山智浩、ハリウッドでは異色な「インド系映画監督×韓国系俳優」タッグの映画『search/サーチ』を解説「今までありえなかった組み合わせ」

町山智浩、映画『search/サーチ』はパソコン上で展開していくという縛りを逆手にとった「本当に立体的な映画」と絶賛


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : search/サーチ,町山智浩,たまむすび,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:宮迫博之、漫画『BLUE GIANT』を高3の息子に勧めたところ夜中に「めちゃめちゃオモロイ!」と感想を言いにきたと明かす

前の記事:町山智浩、映画『search/サーチ』はパソコン上で展開していくという縛りを逆手にとった「本当に立体的な映画」と絶賛