TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、秋田県の「スナック Jettasy(ジェッタシー)」がフット後藤の曲名から命名されたことに驚く「『ゴッドタン』で…」

山里亮太、秋田県の「スナック Jettasy(ジェッタシー)」がフット後藤の曲名から命名されたことに驚く「『ゴッドタン』で…」

2018.08.30 (Thu)
2018年8月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、秋田県の「スナック Jettasy(ジェッタシー)」がフット後藤の曲名から命名されたことに驚いていた。



山里亮太:木曜日に『アウトデラックス』の収録を終えまして。で、終電で秋田の方に行きまして。23時50分くらいに着いたのかな。で、翌日はロケが夕方からだから。

秋田着いて、せっかくだからスナック行こうと思って。「秋田 スナック」で検索して引っかかったところに行こうって思ったら、どうも気になる名前があって。

それが「ジェッタシー」って名前だったのね。「スナック Jettasy(ジェッタシー)」。ジェッタシーって、フットの後藤さんが歌ってた、ゴッドタンで歌ってた曲じゃんって。

これはって、引き寄せられるように行って。で、名前の由来とか聞こうと思って。そしたら、名物ママさんとかいて。凄い雰囲気のいいところなの。で、ママさんに聞いたら「凄いですね。名前に引きつけられてきました」って言ったら、「これ本当に『ゴッドタン』で、後藤さんが…」って。

「あ、本当にそこからとったんですか?」っていうので、その店で色々と秋田の名物はどうなの、とか。今、金足農業で盛り上がってますね、みたいな。「今、盛り上がってて。本当にありがたいよ」って話をしながら。

関連記事


おぎやはぎ小木、谷桃子が『ゴッドタン』で「素の部分を絶対に見せない」プロ意識の高さに驚いたと語る「凄い徹底してる」

バナナマン設楽、『ゴッドタン』マジ歌ライブは「フラッと行って、私服でただ見てる」と明かす「ああ、面白ぇ」

おぎやはぎ小木、低視聴率だった『ゴッドタンSP』のギャラクシー賞受賞は番組スタッフ・出演者を勇気づけると語る「数字じゃない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,ゴッドタン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、山寺宏一は人に対して親切にする際に「笑顔のバトン」と思うようにしていると語る「次の誰かに笑顔をあげるだろう」

前の記事:山里亮太、三四郎・小宮が『鳥人間コンテスト』で鈴木拓超えを果たした奇跡に感動「これか、スターって」