TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、加藤綾子からもらった誕生日プレゼントに「お中元」と書かれていたと暴露「まさか自分に届いたお中元を俺に渡すとは」

明石家さんま、加藤綾子からもらった誕生日プレゼントに「お中元」と書かれていたと暴露「まさか自分に届いたお中元を俺に渡すとは」

2018.08.26 (Sun)
2018年8月25日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、フリーアナウンサーの加藤綾子からもらった誕生日プレゼントに「お中元」と書かれていたと暴露していた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:噂されてる加藤(綾子)が、いつもマトリョーシカ作ってくれるんですよ。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:アイツ、絵が上手いんですよ、カトパンって。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:要するに、小さくなっていって、開けていったらね。ブラックデビルからパーデンネンになって、しっとるけになって。俺がやったキャラクターをマトリョーシカで。

小田さくら:何個も?

明石家さんま:5年ぐらいマトリョーシカ作ってくれて。俺からマツコになって、ショージになって。

小田さくら:面白い!

明石家さんま:本当に、描くの難しいと思うねんけど。俺のドラマの雰囲気のスーツ着せたマトリョーシカとか。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:そういうの一生懸命作ってくれてね。今回、やっぱり、そういういつも一生懸命やってくれるから。去年か、「さんま、ニューヨークで密会か」とか載せられて。まだ一年、経たないか。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:だから今回ね、どういう気持ちだったのか。俺の大好きなエシレのバターとラスク。「ラスク買ってきて。これ、プレゼントです」って持ってきてくれたんです。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:それで、「ああ、すまんな。俺が好きなもの知ってるな」言うて。袋に入ってて、箱を開けたら、「お中元」って書いてたんです(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:俺はもう、あまりのことに…(笑)

村上ショージ:抜いた刀を鞘に収めたんですか?(笑)

明石家さんま:「なんやのこれ、そんなラスクあんのか…お中元」って(笑)一旦、こう悪いしな。この場の空気が絶対…

飯窪春菜:変になっちゃう(笑)

村上ショージ:抜いた時点で、「これは美味しい!」って思ったんでしょうね(笑)それで、いつ言い出したんですか?(笑)

明石家さんま:それでスッとしまったら、加藤が「見てくださいよ」って話になって(笑)珍しいラスクやから、「見てください」って。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「ほんまに、見てエエのか?」って言ったら、みんなが「なんですか?なんですか?」って(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:「見せてくださいよ」って(笑)「お前らは、誕生日の時にのし紙する?」って遠回しに話して。「あるんじゃないですか、のしとか」って。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:お前、人の誕生日の時、「お中元って書く?」って。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「それは書かないですよ」「はい、ここにあります」って。

村上ショージ:抜いちゃった?名刀(笑)

明石家さんま:言うたった(笑)みんな、「ええ?!」言うて。ほんなら、加藤、顔真っ赤にして。「違うんですよ、それは違うんですよ」って。いやいや、何が違うのって。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「お前、送られて来たお中元を、紙とるの忘れたっていうのも、正直に言え」って。

飯窪春菜:うん(笑)

明石家さんま:「違いますって。それは、なかなか手に入らないもんで、お中元とかお歳暮しか届けてくれないんです」って。そんなわけないやんか(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:可哀想で。俺自身まで可哀想になってきて(笑)お中元で送られてきたものを…

村上ショージ:どえらい扱いされてますやん(笑)

明石家さんま:どえらい扱い(笑)

村上ショージ:結構、色々やってあげてますよね(笑)

明石家さんま:やってあげてるし、去年までは一生懸命、何日もかけて、何週間もかけて作り上げて。やっぱりカトパンは優しい子やなぁって思ってて。噂になって邪魔くさくなったのか何なのか知りませんけど。

飯窪春菜:うん(笑)

明石家さんま:まさか自分に届いたお中元を俺に渡すとは、夢にも思わなくて。ずーっとお中元って書いたその誕生日プレゼント、写真に撮って送り続けてます。

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:もう、疲れてきたみたいで、加藤も。「勘弁してください」と(笑)でも、「さんまさんのために買ったものなんですよ」だけは、そのキーワードだけは外さないねんけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:なんぼ、どんな言い訳があろうが。ましてやそういう加藤の言うとおり、お中元としてアカンかっても、「お中元」はとるよね、紙。だから、見なかったくらいやから、それをね。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:俺、読み間違えたんかなって思って。もうパニクるね、もらった方が。誕生日プレゼントで「お中元」って書かれたのし紙が。

関連記事


明石家さんま、加藤綾子アナがさんまとの交際の噂を完全否定することに不満「もっと面白いことを言ってくれ」

明石家さんま、加藤綾子アナとの生放送共演で段取りと異なる振りがあったと明かす「僕にとってのヒーローは…僕自身です」

明石家さんま、カトパンが同時期のNY行きを黙っていたことに腹立って食事会で途中退席させようとした「パスタ食べたら帰れ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,加藤綾子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、浅田美代子の母親のお通夜でお香典を渡したら「何でもカネで解決しようとして!」と叩き返された過去を告白

前の記事:明石家さんま、剛力彩芽を「恋人にしようなんて夢にも思ってない」と告白「本気ならラジオ・テレビで言わない」