TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、熱中症が心配される夏の高校野球で開会式挨拶での長いスピーチは不要だと指摘「要らなくない?」

伊集院光、熱中症が心配される夏の高校野球で開会式挨拶での長いスピーチは不要だと指摘「要らなくない?」

2018.08.07 (Tue)
2018年8月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、熱中症が心配される夏の高校野球で開会式挨拶での長いスピーチは不要だと指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今週気づいたこと。伊集院、苦言。ねぇ、もう最近はラジオで喋ってる人は、みんな苦言をね。苦いやつを必ず言ってるみたいでね。誰々、苦言。誰々、苦言ってなってますけどね。

昼間のラジオで、ちょっと喋ったんですけど、高校野球の1日目。開会式と最初の試合3試合を観に行ったんですよ。もう2試合終わったところで、もうダメだっていう。体力的にもダメだと。あと、ウォーキングしなきゃいけないっていうので。…だから、もうダメなんだけどね。もう完全にダメなんだけど。

そこで、甲子園球場を後にしちゃったんですけど。まぁ、その「開会式要るの?」っていう、俺の中で(笑)

入場行進は、僕の考え方でこれはね、みんなのいろんな考え方があると思うけど、入場行進自体は、あれを楽しみにしている選手とか、親御さんがいると思うから、いきなりやめようはちょっともう可哀想かなと思ったりする。

高校野球のルール変える時って、俺、少なくとも3年猶予期間があった方がいいと思う。こういう、天気みたいな緊急時は別だけども。一応、その「3年後、なくなりますよ」みたいなのに向けていかないと、もう1年生の時から、それしたい人とかいたりするかなって思ったり。

それにしても…俺、50じゃん。50になったこの俺もさ、1回も式典の偉い人の話がありがたかったことないじゃん、経験で。生まれてこの方、一度もあの時、校長先生のしてくれた話が、みたいなの俺、ないのよ。

ある?ないよね。ってことは、今その主催している新聞の偉い人も文部省の偉い人も、あと大会の審判部長の人もないだろ、今までっていう(笑)今まで、自分の人生の中で、長いスピーチしてもらってよかったっていう瞬間って、おそらくない。もしくは少数派だと思うわけ。

なのに、みんなすげぇやるわけ。要らなくない?しかも、今回は100回記念大会っていうことで、皇太子とかもいらっしゃってるから。言ってることは全部かぶってくわけ、全部内容が。もう、そしたら「皇太子殿下が喋られたら、もうあと要らなくない?」って思うし。

もっとシャレた奴いないのかね。「暑いけど、気をつけてね…じゃ」とかって終わりの人とか。いればいいのにって思って。なのにずーっとやってんじゃん。

それで星稜高校の野球部の人たちとかが、それでそんなに試合に影響があるかどうか俺わかんないけど。俺、試合前に、第一試合の前に1時間あそこ立ってたら、もう試合フルスペックでできないけどね。

もう凄いことになってる。暑い、暑い、物凄いことになってる。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,高校野球,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、「世界女子ソフトボール選手権大会」は日本だけ涼しいナイターばかりで不公平と指摘「台湾とか朝10時から試合」

前の記事:伊集院光、夏の高校野球の主催である高野連と朝日新聞社に苦言「世間の風当たりが強いということを、恐らく何も考えてない」