TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、落語家時代にラジオ出演をしていて師匠・三遊亭楽太郎が「上の人たちに、一人一人謝りに行っていた」と明かす

伊集院光、落語家時代にラジオ出演をしていて師匠・三遊亭楽太郎が「上の人たちに、一人一人謝りに行っていた」と明かす

2018.07.26 (Thu)
2018年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家時代にラジオ出演をしていて、師匠・三遊亭楽太郎(現在の円楽)が「上の人たちに、一人一人謝りに行っていた」と明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:僕がバカだったせいもあるんだけど…まぁ10代だから。

神田松之丞:はい

伊集院光:17歳とかだから。この両立(ラジオ番組出演と落語)をさせようと思うことで、ウチの師匠が…今の円楽(三遊亭楽太郎)が、前の円楽に謝らなきゃならないことが凄い増えてるんですよ。

神田松之丞:ああ、なるほど。

伊集院光:勝手をしてるっていうので。それこそ…今、いくつだっけ?

神田松之丞:今、35です。

伊集院光:35っていう、落ち着いた年じゃないの。

神田松之丞:そうですね。

伊集院光:もう全然、やっと二つ目になりました、ちょっと位が上がりました、上がるか上がらないかでやってる時の勝手なことに対して、ウチの師匠が上の人たちに、とにかく一人、一人に謝りに。

神田松之丞:うん。

伊集院光:「勝手をしていますけれども、それは教育方針でやらせております」って謝ってるのを目にした時の、申し訳ないっていうのと。

神田松之丞:ええ。

伊集院光:「別に、師匠にそんな頭下げてもらわなくても、俺は食っていけますよ」って思う、高慢なのと両方重なるから。

神田松之丞:ああ、なるほど。

伊集院光:だから、わりと飛び出しちゃったけど。

関連記事


伊集院光「円楽一門会で披露した落語」

伊集院光、落語家時代の兄弟子・石田章洋とほぼ同時に出版「三遊亭円楽一門の2人の本が書店で並んでいる偶然」

伊集院光、落語家時代に三遊亭円楽師匠からかけられた言葉「苦労は芸の肥やし。だけど、肥やしをあげ過ぎた花は枯れる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,三遊亭楽太郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:博多大吉、山里亮太が太りだしていることに「何かしらの契約が切れたんでしょう」と指摘「ビジネスダイエットでしたから」

前の記事:伊集院光、『深夜の馬鹿力』は生放送で続けることができなければ「店じまい」すると明かす「限界が恐らくかなり近づいてる」