TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『ポケモンGO』も熱中症対策で「30℃以上の日は、モンスターが出ない」といったことをしてはどうかと提言

伊集院光、『ポケモンGO』も熱中症対策で「30℃以上の日は、モンスターが出ない」といったことをしてはどうかと提言

2018.07.24 (Tue)
2018年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『ポケモンGO』も熱中症対策で「30℃以上の日は、モンスターが出ない」といったことをしてはどうかと提言していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『ポケモンGO』のきりがいいところまで、分かんねぇわ、多分。だから、多分死ぬ。恐らく死ぬ。

…そんなことをギャグまじりに言ってらしたのにねって、来週(笑)その感じの予感が、凄いする。もう、だから何の話してたか忘れちゃった。しょうがない、30℃だから。まだ30℃だから何の話してたか忘れちゃったけど。

そんな日々ですよ、そんな日々。だから『ポケモンGO』も、昼ぐらいから「特別なモンスターがいっぱい出ます」みたいなイベントをやってて。この辺も、より面白くなってくるわけ。

今日は日本中に、東京中にサンダーっていう怪獣がいっぱい出ますよ、みたいなのやんだけど。あれ多分、熱射病対策とかだと、ピタッて止まった方がいいよね。「30℃以上の日はもう出ない」とか。そういうふうにしないと、もうダメかと思いながら。

でも、出なきゃ出ないで怒るよ。だって、ポケモン一生件やってるからね。

関連記事


山里亮太、NHK前で『ポケモンGO』レックウザを20人がかりで倒したと告白「収録に行く途中で」

加藤浩次、『ポケモンGO』レイドバトルに入ってきた見知らぬ中年男性のアカウント名に爆笑「ジョージ・クルーニー」

山里亮太、番組ADにポケモンGOで「君のカイリューと俺のコイキング交換しよう」と迫ったことを反省「パワハラだった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ポケモンGO,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、浜村淳が『マルタイの女』のエンディングを語りだすネタバレをして「伊丹十三さんが真っ青な顔で止めに入った」過去を明かす

前の記事:伊集院光、多治見市の公立小学校が「エアコン設置率0%」であることに驚く「そんなんダメだよね、どう考えてもね」