TOP安住紳一郎の日曜天国 ≫ 安住紳一郎、中田喜子の前でつい「グルグル、グルグル、グルコサミン」と鼻歌を歌ってしまい後悔「本当に最悪」

安住紳一郎、中田喜子の前でつい「グルグル、グルグル、グルコサミン」と鼻歌を歌ってしまい後悔「本当に最悪」

2018.07.16 (Mon)
2018年7月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『安住紳一郎 日曜天国』(毎週日 10:00-11:55)にて、TBSアナウンサー・安住紳一郎が、女優・中田喜子の前で、彼女が出演するCMのCMソングを鼻歌で歌ってしまって後悔していると語っていた。



安住紳一郎:健康食品系で言うと、中田喜子さんっていらっしゃいますよね。

中澤有美子:ええ。

安住紳一郎:元々、築地のご出身で、『渡鬼』なんかにもご出演いただいていた、ご出演していた。

中澤有美子:そうですね。

安住紳一郎:何かの舞台の時に、関係者席みたいなところに私が案内されて、私が。

中澤有美子:ええ。

安住紳一郎:「ああ、ありがとうございます」って。それで、ちょっと入り口に近いところなどに案内されるんですけど。

中澤有美子:ええ。

安住紳一郎:私の横が、中田喜子さんだったんです。

中澤有美子:ええ。

安住紳一郎:それで、ちょっと中田喜子さんも気づかれないような感じの雰囲気でお座りになっていたので。私も、何回かお会いしたことがあるんですけども。「あ、こんにちは」というのをやらずに座っていたんですよね。

中澤有美子:ああ。

安住紳一郎:お互いまぁ…中田さんは、私の方に気づいていなかったと思うんですけども。普通に座っていたんですよね。

中澤有美子:はい。

安住紳一郎:それで、中休憩があって、幕間があって。

中澤有美子:うん。

安住紳一郎:30分ぐらい幕間がある、結構長めのお芝居だったので。

中澤有美子:ほう。

安住紳一郎:一回私、外に出てロビーとかでお茶して。それで戻ってきたんですね。

中澤有美子:はい。

安住紳一郎:そして、中田さんが先にもう席におつきになっていて。

中澤有美子:はい。

安住紳一郎:私は、その中田さんの席の膝下に、「ちょっと前を失礼します」って通って、横の席に座らなくちゃいけなかったんですね。

中澤有美子:なるほど。

安住紳一郎:その時に私、なんとなく「あ、中田さんと前に会ったのはいつだっけな」とか。そういうことを考えながら、ロビーから自分の席の方に戻ってきていたんですよね。

中澤有美子:うん、うん。

安住紳一郎:そしたら、やっぱりちょっと深夜テレビの何かが入っちゃっているんですよね。

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:それで、本当に最悪なんですけど私、「あ、ちょっと前を失礼します」みたいな時に、鼻歌を歌っちゃっているんですよね。

中澤有美子:ええ?!(笑)

安住紳一郎:「♪グルグル、グルグル、グルコサミン 世田谷生まれの…ちょっと前失礼致します」って、中田さんの前を(笑)

中澤有美子:はっはっはっ(笑)それは…

安住紳一郎:「ちょっとごめんなさい」って言って(笑)それは中田さんもちょっと、「なに、この人」っていうことになりますでしょうね。

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:それで、全くそのことに気づかず。

中澤有美子:あ、自分がやっちゃってたことにも?(笑)

安住紳一郎:自分が、全く中田さんが出演しているコマーシャルのコマーシャルソングを歌って、前を「失礼します」って歩いたとは思わずに。

中澤有美子:ああ、はぁ。

安住紳一郎:普通に、「あ、どうも、すみません」みたいな感じで。で、横に座って。で、ブーッて第二部、ザーッと幕が開いて。これ、15分ぐらいしてから、「あっ!」と。

中澤有美子:はっはっはっ(笑)あら、繋がった(笑)気づいちゃった。

安住紳一郎:ようやく途中で。「はぁ…」って思って。

中澤有美子:なんていうことをした(笑)

安住紳一郎:なんていうことをしたんだって思って。でも、中田さんに15分経ってからね、「先ほどは、失礼致しました」って(笑)

中澤有美子:ふふ(笑)舞台、やってるしね(笑)

安住紳一郎:舞台、やってますしね、そうですよね。で、横にお座りになっているから。

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:だから、いつかまた会った時に、謝らなくちゃいけないなとは思っているんですけども。なかなか、そのチャンスもなくてね。

中澤有美子:ええ(笑)

安住紳一郎:「申し訳ない」っていうね。

中澤有美子:その日、終わった後も、言うチャンスはなかったんですね。

安住紳一郎:終わった後も、言うチャンスはなかったんですね、そうですね。なので、ちょっとした集中力が欠き始めた時に、深夜の放送のものというのは出たりしますから。

中澤有美子:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:危険ですよねぇ。本当に申し訳ないなと思って。本当になんか、もう心臓がギュッとなるぐらい(笑)

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:私は、社会人としてなんということをしたんだっていうね。

中澤有美子:ご挨拶もしていないのに(笑)

安住紳一郎:ご挨拶もしてないし。で、中田さんだっていうふうに気づいてもいない芝居をしておきながら。

中澤有美子:しておきながら(笑)

安住紳一郎:しておきながら、「私は知ってますよ」みたいな感じで。「♪グルグル、グルグル…」って、膝を回しながらみたいな(笑)

中澤有美子:はっはっはっ(笑)ヒドイ!(笑)

安住紳一郎:♪グルコサ…ねぇ。で、「あっ!」って思った時に、本当に申し訳ないなと思ったので、物凄いゆっくり、中田さん、私の右側だったので、若干右側の方を向きながら、ゆっくり頭を前に3度ぐらい傾けましたもんね。

中澤有美子:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:「申し訳ない」っていう。

中澤有美子:ふふ(笑)伝わったかしら(笑)

安住紳一郎:伝わらないと思いますけどね。凄い、中田さんは多分、「失礼な人だわ!左側の人」って思ったと思いますよね。

中澤有美子:ええ(笑)

安住紳一郎:中田さんにしてみたらね、そんなことをやる人が自分の左側にずっと座っていて第二部を見るなんてね、ちょっとそれはそれで許せないですよね。

中澤有美子:絶対、聞こえちゃってた感じなんですか?

安住紳一郎:確実に聞こえてました。

中澤有美子:ふふ(笑)ダメだぁ(笑)

関連記事


明石家さんま、「失敗も楽しむことができる」人生の大切さを説く「失敗を失敗だと思わないような人間になれ」

所ジョージ、失敗を恐れず挑戦することの大切さを語る「何でもできる自分が一番美しいって考え方、図々しい」

爆笑問題・太田、番組やライブでの漫才失敗で引退を考えたと告白「もう俺はダメなんじゃないかな…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 安住紳一郎,中田喜子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  安住紳一郎の日曜天国
次の記事:安住紳一郎、葉加瀬太郎の『情熱大陸』を聴くと脳内ナレーションとともに「自分の特集をやっちゃったりする」と告白

前の記事:安住紳一郎、中居正広が加山雄三に「元気の秘訣は?」と質問してつい「それ、セサミンのおかげ」と言いそうになったと告白