TOPたかじんnoばぁ~ ≫ ビートたけし、漫才などの芸事で天下を獲ったとしても時代が変われば何も残らないと語る「何の財産にもなってねぇ」

ビートたけし、漫才などの芸事で天下を獲ったとしても時代が変われば何も残らないと語る「何の財産にもなってねぇ」

2018.07.08 (Sun)
1993年5月13日放送のよみうりテレビの番組『たかじんnoばぁ~』にて、お笑い芸人・ビートたけしがゲスト出演した際、漫才などの芸事で天下を獲ったとしても時代が変われば何も残らないと語っていた。



ビートたけし:漫才とかそういうのはね、時代、時代でトップがやるもんでね。

川中美幸:うん。

ビートたけし:オイラがいくら昔、「漫才で流行った」なんつったって、何もしなきゃそのままだし。そういう芸事っていうのはね、特にお笑いなんてのは、一線の奴らが活躍しなきゃしょうがねぇんだ。

やしきたかじん:そう、そう。

ビートたけし:オイラは上手くリタイヤした振りして、新しいピンの番組取っただけであって、芸人としちゃ俺らは…俺が、いつも洋七に「情けない」って言うのは、漫才やったら、どうなんだ、俺らって。

浅草キッドも何も、クソみたいな漫才するじゃねぇかって、よく俺は酔っ払って怒るだろ?

島田洋七:うん。

ビートたけし:いくら「昔の財産だ」なんつったって、何の財産にもなってねぇっていう。漫才一つとったらね。それは悲しいことですよ。やっぱり、若い奴の現役が一番強い。それで今、(トミーズは)関西でもトップだし、東京きたって、みんなが受け入れ体制がある時に来てるわけだから、また上がっていけばいいだけであって。

オイラも一応、それをやったんだから、それからまた先のことを考えていくだけであって。芸人なんて、過去の遺産で食ってる奴なんていっぱいいるんでね。そういうのは嫌いだ、俺。

現場行って、若手とベテランと営業出てってさ、板の上で客1,000人集めてさ、どっちがウケるって、負けたら終わりなんだもん。それだけのもんだよ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:ただ、「お前らもウケるけど、昔は俺らもウケたんだよ」ってグチこぼすだけ。だから、いいの、やっていけば。それだし、恵まれてんだもんね。我々、恵まれてんですよ。

やしきたかじん:だから、贅沢病や、ある部分。

ビートたけし:こっちもさ、B&Bで天下とったんだよね、一回ね。天下とってもさ、こういう色んなこともあるし、トミーズもこういうのあるわけさ。

やしきたかじん:まだコイツらはとってへんねん。

ビートたけし:とりかけてるからね。とってまた考えてとるっていうかな、そういうのを繰り返しやるわけだし。

そんなにキツくもないけど、楽ではないわけだから。やっぱりこういう世界が好きだっていうことが、根本だよ。

やしきたかじん:うん。

ビートたけし:イヤでやったら、ウソつきになるじゃん。好きなことで食えるってことが…

やしきたかじん:ごっついことですね。

ビートたけし:うん、俺はポール牧じゃないけどね(笑)一番いいの。もうそれだけ。それが出来たら、俺ら運がいいと思わねぇと。外歩いてて、「おう、雅だ」って言われたら、それで十分だって。

関連記事


ビートたけしが語る「漫才におけるツッコミの役割」

おぎやはぎ矢作、ビートたけしの前で初めて漫才を披露して言われた言葉を明かす「一生、漫才を続けなさい」

岡村隆史、ビートたけしが「漫才などの面白いコンビ」に行うアドバイスを明かす「その後、どうするか」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ビートたけし,漫才,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たかじんnoばぁ~
次の記事:ビートたけし、芸人として生き様や芸事についてだけはウソをつくべきではないと語る「それをウソついてしまったら、何もない」

前の記事:トミーズ雅、ビートたけしに泣きながら感謝の言葉を伝えていた過去「たけしさんと会ってから、もう誰と会っても怖くない」