TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、サッカーW杯は「にわかは浅瀬で、サッカー通は沖で」楽しめる「海のような存在」という名言が取り上げられ照れる

赤江珠緒、サッカーW杯は「にわかは浅瀬で、サッカー通は沖で」楽しめる「海のような存在」という名言が取り上げられ照れる

2018.07.02 (Mon)
2018年7月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、サッカーW杯は「にわかは浅瀬で、サッカー通は沖で」楽しめる「海のような存在」という名言が取り上げられ、「それがそんな大事になるって、ちょっと恥ずかしいんですけど」などと照れていた。



赤江珠緒:今回ね、私、ただただワールドカップのメッシさんが好きだから。

カンニング竹山:はい、メッシいいね。

赤江珠緒:メッシさんのアルゼンチンとかのプレーを見たいという思いで。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:スーパープレーとかを見ると、素人目にも「わぁ、スゴッ」みたいなんで盛り上がって、自分の中でも楽しかったんですけど。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:っていう話を、先週の火曜日かな。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:「でも、ワールドカップって通の人じゃないと、ちょっと言い出しにくいところあるよね」って、山ちゃんと。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:なんとなくね、それを私が「海だ」みたいなたとえをしたことが、なんかネットニュースになっちゃって。

カンニング竹山:ほう。

赤江珠緒:えらい名言みたいになっちゃって。

カンニング竹山:ああ。

赤江珠緒:それで、なんか3年ぐらい連絡を取ってなかった、昔、テレビ朝日で一緒に『スーパーモーニング』っていう番組の司会をしてた、小木アナウンサーから、「いいこと言った」みたいなメールが来たりして。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

赤江珠緒:「え?なんで?小木っち、ラジオ聴いてたのかな」って思って。「え?そんな、褒めてもらえるようなことじゃないよ」って言ったら、「いや、ネットニュースになってる」とか言われて。

カンニング竹山:ああ。

赤江珠緒:大事になってたんで、ちょっと自分でもアワアワしてたんですけど。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:でも、それでたとえるとね、そのにわかな人は、浅瀬で遊んでいるような人。通な人は、沖で遊ぶ。でも、ワールドカップは海だから、自由に遊べばいいじゃないか、みたいな意味合いでなんとなく言っただけなんですけど。

カンニング竹山:名言だね、たしかにね(笑)

赤江珠緒:でも、それがそんな大事になるって、ちょっと恥ずかしいんですけど。

関連記事


赤江珠緒、サッカーW杯での「にわかファン」批判に反論「ワールドカップは海です。浅瀬で遊んでる子がいてもいい」

カンニング竹山、赤江珠緒のサッカーW杯での「にわかファン」ぶりに呆れる「にわか具合が半端ない」

赤江珠緒、サッカー選手同士が名字ではなく名前で呼び合うことに疑問「小学生みたいな…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,サッカーW杯,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:赤江珠緒、サッカーW杯については賛否両論・多種多様な意見があってしかるべきと指摘「それぞれのレベルの意見があって」

前の記事:カンニング竹山、サッカー評論家がW杯開始前は辛口だったのにコロンビア戦での勝利で意見を翻したことに疑問「評論家の意味なくね?」