TOP木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW ≫ 木村拓哉、取得した一級船舶免許の活かし方について「『さんタク』か、漁師さんの役なのか」と発言

木村拓哉、取得した一級船舶免許の活かし方について「『さんタク』か、漁師さんの役なのか」と発言

2018.07.01 (Sun)
2018年6月29日放送のTOKYO FM系のラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(毎週金 23:00-23:30)にて、元SMAPのメンバー・木村拓哉が、取得した一級船舶免許の活かし方について「『さんタク』か、漁師さんの役なのか」と発言していた。



木村拓哉:色々なことを学び。エンジンの仕組みだったりとか、ディーゼルエンジンと普通のガソリンエンジンの違いだったりとか。

本当にもう、「ちょっと真横に寝ていいですか?」っていうぐらい、もうずっと座って、座学をして。試験を受けて。はい、あの一級船舶、一発で取得して。

約1週間ちょっとですかね、経って郵便物が送られてきて、中に船舶免許が入ってました。いやぁでもね、本当にまぁここまでして、久々に受験をして、取得できたライセンスだったので、まぁ、何かに活かすことができたらなぁっていうふうには思ってます。

まぁ、それが『さんタク』なのか、漁師さんの役なのか分かんないですけど(笑)いつの日か、しっかりと反映したいなぁと思っております。楽しみに待っててください。

映画では、宇宙船もまぁちらっと運転させてもらったんですけども。さすがに、宇宙船の免許は無理ですかね。

関連記事


木村拓哉、一級船舶免許を取得したと告白「リアル『キャプテン』と呼んでください(笑)」

木村拓哉、松田優作の魅力は「表現者としてブレない感じ」であると語る「僕らに感じさせてくれる説得力」

木村拓哉、芸能界デビューのきっかけは映画『トップガン』だったと告白「人生を変えた一本」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW
次の記事:有吉弘行、サッカーW杯ポーランド戦のパス回しを特集するホラン千秋の『Nスタ』スポーツコーナーが「うるさ過ぎて吐き気がした」

前の記事:よゐこ有野、岡村隆史が結婚できない理由は「恋愛スキルが低すぎるから」であると指摘「経験がないからさ」