TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ 関根勤「スランプを乗り越えさせてくれた萩本欽一の言葉」

関根勤「スランプを乗り越えさせてくれた萩本欽一の言葉」

2013.01.26 (Sat)
2013年01月19日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、関根勤がゲスト出演していた。
関根勤 カマキリ伝説 & カマキリ伝説 1 1/2 [DVD]
前の記事:関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」

萩本欽一との出会い


関根「出続けて、全くウケない辛さね。嫌われる辛さ」

ブラマヨ・吉田「嫌われるんですか?」

関根「嫌われてたの。異常者に思われてたの。俺は当時、ラビット関根って言ってて」

ブラマヨ・吉田「はい」

関根「ラビット関根がカックラキン大放送!!でやってた、暗殺者カマキリね。全身タイツでグリーンのメガネをかけて『カ~マキ~リ』って、野口五郎さんの刑事に『ゴロンボ、俺に勝てるかな』って」

ブラマヨ・吉田「ちょっと狂気性のある」

関根「そうそう。小学生の男の子のお笑い好きだけが僕のファン」

ブラマヨ・吉田「あぁ(笑)」

関根「非常に狭い。大人と女性は全滅。小学校2年から4年のお笑い好きの男の子」

ブラマヨ・小杉「狭すぎる(笑)」

関根「あの時、ananがあれば、抱かれたくないタレント2位ですね」

ブラマヨ・吉田「1位は?」

関根「せんだみつおさん」

ブラマヨ・吉田「あぁ(笑)たしかに、昔の関根さんって怖かったていえば怖かったですよ」

ブラマヨ・小杉「うん、うん」

ブラマヨ・吉田「役に入られて演じられるけど、入り込み過ぎてはるから」

関根「『刑事犬カール』っていうので仕事をしてたんだけど、3話目くらいを撮ってる時に、32歳のだるま二郎さんっていう先輩が、『ラビット、普通の演技してくれて、ホント助かった』って言ってこられて(笑)」

ブラマヨ・小杉「どんな風に思われとったんですか(笑)」

ブラマヨ・吉田「ふふ(笑)」

関根「業界10年以上やってる人が、俺が無茶苦茶なことやるって思ってたの」

ブラマヨ・吉田「まともなことはやるワケない、と。それが地位が上がるようになったのは、何がきっかけだったんですか?」

関根「やっぱりね、欽どこ(欽ちゃんのどこまでやるの!?)に出た時ですね。それで、ラビット関根から関根勤に名前変えて、黒子ですよ。家族が団欒をしてお笑いをとって、すっと居なくなったお茶の間に2人がすーって出てきて、その場をお借りして」

ブラマヨ・小杉「懐かしいなぁ(笑)」

関根「ちょこちょこってして帰るっていう」

ブラマヨ・吉田「小堺さんと」

関根「そう。それまで、狂気的な演技をしてたのが、『あぁ、どうもどうも』っていう、やってる芸は同じなんだけど、態度が違うというか。枠がね」

ブラマヨ・吉田「下から『貸していただく』みたいな」

関根「そういう感じで」

ブラマヨ・吉田「それで、世間の見る目が変わってきて」

関根「そう。段々と変わってきて」

ブラマヨ・吉田「黒子でやられてた時って、プレッシャー半端なかったんじゃないですか?『ここで売れなアカン』みたいな」

関根「初めてだったの。舞台に上がる前に、胃がギューって掴まれる感じ」

ブラマヨ・吉田「袖で?」

関根「そう」

さらに、以下のように語っていた。

萩本欽一のアドバイス


ブラマヨ・吉田「そこで上手にできたんですか?」

関根「最初はできなかった。アガっちゃって、焦るから、ドンドンとオーバーアクションになって声がデカくなって」

ブラマヨ・吉田「ふふ(笑)」

関根「カマキリの悪いクセ(笑)」

ブラマヨ・吉田「染み付いた?(笑)」

関根「それで萩本さんが、『関根。お前の芸は、100万円持ってたら、100万円出して見せびらかしている芸なんだ。そうじゃなくて、5万円だけ見せて、"懐には95万円ありますよ"って芸をしろ』って言われて」

ブラマヨ・小杉「難しいな」

関根「29歳の僕は、頭の中で『はぁ~~?』」

ブラマヨ・吉田「えぇ?ってなりますよね(笑)」

ブラマヨ・小杉「なんて?って(笑)」

関根「『5万円?95万円?はぁ~~?』って(笑)どうやっていいか分からないけど、動くのを止めようって思って」

ブラマヨ・小杉「あぁ」

関根「ど真ん中に立って、小堺くんが何かやってても『そうだね』って言って」

ブラマヨ・小杉「極端やな(笑)」

関根「次の週、ちょっと手を動かして『そうだね』って。また次の週は、肘から上くらいまではいいかなって思って、『また~』みたいな感じで。徐々に徐々に、萩本さんに怒られたら戻せば良いって思って、徐々に徐々に動かしていったら、ウケるようになったの」

ブラマヨ・小杉「へぇ~!」

関根「結局ね、欽どこ観てる人にとっては、俺は異質なワケ。新しくきた人ですよ。それが、面白いかどうか分からないから、『こういう人ですよ』っていうのをゆっくり見せる必要があったわけですよ」

ブラマヨ・小杉「いきなりブワ~っていうんじゃなく」

関根「『小堺くんウケてるから、俺も!』ってやってたの。よく、素人の人が昼間の生放送とか出てきて、『ほぅ!』とかやるじゃん。あれと同じで、『えぇ?誰?』って。お前が面白いかどうか分からないし」

ブラマヨ・吉田「空回り感もありますしね」

関根「思い切りやってるクセにアガってるから、声が上ずってるわけ」

ブラマヨ・小杉「なるほど、なるほど」

関根「でも、ゆっくりやれば上ずったりしないの。萩本さんのマジックっていうか、萩本さんの演出で、僕は生き返ったの」

【関連記事】
関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」

ハリセンボン「デビュー当時、オリラジのバーターで売れてきた」

南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 関根勤,ブラックマヨネーズ,萩本欽一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:にけつッ!! トーク集

前の記事:関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」