TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、小柳ルミ子の著書『パスコースがない?じゃあ、つくればいい』の名言に感銘を受ける

赤江珠緒、小柳ルミ子の著書『パスコースがない?じゃあ、つくればいい』の名言に感銘を受ける

2018.06.28 (Thu)
2018年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、小柳ルミ子の著書『パスコースがない?じゃあ、つくればいい』の名言に感銘を受けたと語っていた。

赤江珠緒:だからさ、私、見てこの本。

ピエール瀧:ああ、ルミ子の本。

赤江珠緒:はい。『パスコースがない? じゃあ、つくればいい。』。

パスコースがない? じゃあ、つくればいい。


ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:購入しましてね。

ピエール瀧:おお、そうですか。

赤江珠緒:読んでます、今。

ピエール瀧:なるほど、基礎はじゃあ、ルミ子に教わる形で。

赤江珠緒:改めて、ルミ子はんのメッシへの尊敬の度合い、愛がですね、凄まじいものがありまして。

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:メッシ愛を語ってらっしゃるんですね。

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:これを見るとね、凄いですよ、メッシ。メッシの名言。

ピエール瀧:印象に残ってます?

赤江珠緒:「努力すれば報われる?そうじゃないだろ、報われるまで努力するんだ」。

ピエール瀧:おお、なるほど、いいですね。

赤江珠緒:いいですね。「乗るべき列車は、一度しか通らない」。

ピエール瀧:「乗るべき列車は、一度しか通らない」…ああ。

赤江珠緒:バルサ入団した時の言葉ですって。

ピエール瀧:はい、はい。

赤江珠緒:そういうことがあったり、ルミ子のサッカーノート。『たまむすび』に来ていただいたときに、我々も叱られました。

ピエール瀧:はい、そうですね。

赤江珠緒:ミスを当たり前と思うな。遅刻をするなんて、人間とどうかなんて言われましたが(笑)

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:それがね、色々書かれてますね。

ピエール瀧:ルミ子、はい。

赤江珠緒:「空のバケツほど、大きな音を立てる」…仕事ができないとか、二流、三流下手な人。中身のない人ほど、「大変だ」と大騒ぎをするけど、中身が水でタップンタップン入っている一流選手は、ピチャンって、モノを入れてもそんな音を立てない。
ピエール瀧:ああ、なるほど。

赤江珠緒:だそうですよ。「パスコースがない?じゃあ、作ればいい」。

ピエール瀧:なるほど。タトゥーがない?じゃあ、入れればいいじゃない。

赤江珠緒:ふふ(笑)入れればいいじゃない(笑)

ピエール瀧:メッシがね。

赤江珠緒:本当ですよ。改めてそういう感じでね、盛り上がってますけどね。

関連記事


ピエール瀧、小柳ルミ子の新刊タイトルにインスピレーションを受け「『たまむすび』が面白くない?あなたが面白くすればいい」

岡村隆史、小柳ルミ子がサッカーW杯番組に出演していることに驚く「こんなブレイクの仕方もあんねんな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,小柳ルミ子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:ピエール瀧、サッカーW杯セネガル戦で乾貴士のファールが映ったVAR映像に「フォークダンスか?」とツッコミ

前の記事:ケンドーコバヤシ、アンガールズ田中と柏木由紀が即興で行った紅白司会に高評価「一生懸命やってる感が伝わって」