TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「ナメた態度の雑誌ライターに思うこと」

オードリー・若林「ナメた態度の雑誌ライターに思うこと」

2013.01.21 (Mon)
2013年01月20日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」にて、映画出演にあたって、雑誌の取材を受け続けたことについて語られていた。
僕のきっかけ ~ ひまわりと子犬の7日間 ・一也の場合~ (文庫ダ・ヴィンチ)
若林「昨日、映画の取材があって」

春日「えぇ」

若林「僕、映画に出るんですよ。『ひまわりと子犬の7日間』っていう映画に」

春日「はいはい」

若林「それで、10社連続で取材をやるのよ」

春日「えぇ?いっぺんに?」

若林「うん」

春日「1社ずつ10社?」

若林「それを2回やってるんだって。毎回そうなんだって。堺雅人さんとかに訊くと」

春日「へぇ。1社が受けた取材を、10社に流すとかできないの?」

若林「同じ事を堺雅人さんに訊いた(笑)」

春日「だって、だいたい同じようなこと訊かれるでしょ?」

若林「だいたい同じ」

春日「それ以外の質問がいただけるような取材は、受けたら良いんじゃないの?」

若林「うん」

春日「そういうわけには、いかないのか」

若林「私達も4年間ぐらいは取材を受けてるけど、本当にライターさんとの相性だよな」

春日「あぁ、そうだね」

若林「楽しい取材とそうじゃない取材ね」

春日「『お仕事』みたいな感じのね取材もね」

若林「春日さんみたいに、ドーンと構えてなくて、色々と引っかかっちゃう人間だからね。だからダメなんだろうね」

春日「なるほど」

若林「『ご自分の演技は何点ですか?自分で自己採点してください』って言われて、『点数で生きたくねぇからこの職業をやってんだよ、ボケェ』って思っちゃうからさ」

春日「くぅ~(笑)なるほどね、私は全然引っかからないからね」

若林「お前は?」

春日「『120点です!トゥース!』って言えるのがあるからね」

若林「俺も、『120点ですねぇ』で良いじゃん。俺はバカだと思うんだけどね、この年になると。そんなこと考えるんだもん(笑)」

春日「そう言いつつも、スッと点数を言うのが良いんだろうけどね」

若林「うん。『お前みたいに、点数とか周りの目を気にして生きてねぇんだよ』って思っちゃうからさ(笑)」

春日「1回、言ってみたら?(笑)『はっ!』ってなるよ(笑)」

若林「近いことは、言ったことあるよ。『若林さん、銀幕デビューで。ハリウッド狙ってんじゃないっすか?』って、10社あったら1人はくるわ(笑)『はい?(怒)』って(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

春日「それはさぁ、何を求めてるんだろうね。向こうは」

若林「俺をリングサイドに追い込んで、ポロっと弱気な発言をとろうとしてくるんですよ。パンチ力の無いジャブとストレートで」

春日「ふふ(笑)そういうのも受けなきゃいけないわけか」

若林「これね、際立たせて1社を言ってるだけで、ほぼ楽しい取材だったんですよ」

春日「うん」

若林「また、記者の取材が『ラジオで〇〇っておっしゃってたじゃないですか?』って、聞いてるって言ってくるからね(笑)このラジオでも言っちゃいけないんだよ、ホントは」

春日「うん」

若林「『周りの人に、どんな演技やるんだって見られますよぉ~』って言われて。『それが何なんですか?』って言って(笑)」

春日「そうだよね(笑)誰にも見せないってつもりで撮ったわけじゃないからね」

若林「うん。『考えたことないです』『どっちでも良いです』の連打。後半は(笑)」

春日「10社もやってたらそうなるか」

若林「だって、自分にできることって、天才じゃないんだから、そんなに無いってこと、何年かやってたら分かるじゃん」

春日「うん」

若林「『こんぐらいまでしかできなくて、その自己ベストをどれくらい出せるか』ってことじゃん。それは、決して高くないじゃん」

春日「まぁね」

若林「自己ベストを出すしかないってことでやってるって、何回言わすのかなって」

春日「うん。それでもやっぱりさ」

若林「『緊張しましたか?』って訊かれて、『してないです』って答えるのって、"ぶってる(注:アーティストぶってる)"みたいじゃん。してないんだけどさ」

春日「うん(笑)」

若林「『この後、舞台挨拶とかありますよ』って言われるんだけど、うるせぇなって思って」

春日「ちょっとイジってんだろうね」

若林「イジってんだよ」

春日「『初出演』ってことで」

若林「パンチ力もねぇくせに(笑)」

春日「イジってくるんだね」

若林「大概はちゃんと訊いてくれるよ?そういう人もいるってことよ」

春日「うん。引っかかるのは、そういうパターンってことね」

若林「その時、俺が心の中でどんなレベルの低いことを思うか、打ち明けて良い?(笑)」

春日「なに?」

若林「鼻で笑わないでよ(笑)…『お前、同じクラスだったら、絶対にナメさせなかったはずなのに、こういう立場だから、今そういう発言できてるんだからな』って思うの(笑)」

春日「はっはっはっ(笑)同じクラス(笑)『同じクラスだったら、絶対に友達になってなかった』とかって言うヤツでしょ?オトナになって(笑)」

若林「はっはっはっ(笑)」

春日「別に同じクラスじゃないしね(笑)知らねぇよ」

若林「ごもっとですよ。春日さんの言う通りなんですけど、あまりにイジってくるから(笑)」

春日「そういうところで、バランスをとってたんだね(笑)」

若林「『同じクラスだったら、絶対にそんな口きかせなかったからな』って(笑)」

春日「同じクラスって(笑)もしもシリーズですよ」

若林「もしも同じクラスだったら(笑)」

春日「大変だね」

【関連記事】
南キャン・山里が語る「伊集院光との対談」

南キャン・山里「南海キャンディーズ結成に隠された真実」

有吉弘行「テレビブロスの夏目三久へのヒドイ仕打ち」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:伊集院光「日ハム・斎藤佑樹投手との対談」

前の記事:大竹まことがTHE MANZAI本番前にハマカーン・浜谷へ掛けた言葉