TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、サッカーW杯が深夜に観戦できることに対して肯定的な意見「ゴージャスなコンテンツが夜中やってる」

伊集院光、サッカーW杯が深夜に観戦できることに対して肯定的な意見「ゴージャスなコンテンツが夜中やってる」

2018.06.19 (Tue)
2018年6月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、サッカーワールドカップが深夜に観戦できることに対して肯定的な意見を述べていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:改めてなんだけど、別にこう「東京オリンピックがきますよ」っていうことに対して、来るからには来たら来たで楽しみますけれども。やっぱり、オリンピックとか、ワールドカップとか、世界陸上とかもそうですけど、時差のある国でやってる方がいいね。

今回のロシアのワールドカップも、やっぱりさ、夜もう明日が来るの嫌だから、なるべく夜更かしするじゃん…すげぇ前向きなことを言ってるみたいで、物凄い後ろ向きなこと言ってっけどね(笑)

もうなんか、「1回寝ちゃうと、もう明日来ちゃうじゃん、否応なしに」と思うから、ちょっとでも今日を長くしようとするから、深夜テレビをつけるじゃん。かといって、別に見たいものもない、みたいな中で、凄い時差のおかげで、ゴージャスなコンテンツが夜やってるっていう。明け方ぐらいまでやってるもんね。

もしこれがゴールデンタイムとかにやってたら、僕のサッカー熱だと、モロッコvsイランみたいなの見ないけど、夜、あんまやることなくてモロッコvsイランみたいなのって、「お互い、ここで勝たないと他、勝つところねぇから」みたいな。

しかもあれだよね、直前に国交断絶みたいなのしてんだよね、その2つの国とも。やってからさ、もう出し惜しみなしのフルパワーなわけ。で、そっから先はサッカーを凄い知ってるわけじゃないから、細かいことはわかんないけど、最後、ゴール前でワチャワチャになるのとかは、おそらくなんか例えば決定力が足んないとかそういうことなんだろうけど、とにかくがむしゃらに突っ込んで行ってウワーッて蹴ったら、上手くいかねぇ。でも、こねくり回して、こねくり回して止めた、みたいなのずっと続いてて。

もう、終盤とかそれこそ今、前振りしたみたいな、サッカーど素人の俺でも「お前ら、もう限界じゃねぇのか」っていう感じになってるわけ。

で、ラストのラストで綺麗なオウンゴールで1点入って勝敗決まる、みたいな。コーナーキックがさ、ゴールの方に向かってくじゃん。攻撃側のイランのコーナーキック。そしたあら、イランのフォワードと合わないっていうか、出遅れたところにモロッコのディフェンダーが入ってくる、で、頭でクリアしようとすんだけど、それがまぁこんな綺麗なオウンゴールあるかみたいに終わっていくのを見るとね。

なんか僕の中ではですけど、今後そんなに無理にどのイベントも誘致しなくていいです。あと、なるべく夜放送、ちょっとした時差じゃなくてなるべく夜中に、ああいうゴージャスなプログラムが見れるような場所でやってくれるのが良いんじゃねぇかって。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、『銀牙伝説 WEED オリオン』で一時中断するも『THE LAST WARS』の展開に興奮「面白かったわぁ」

前の記事:カンニング竹山、バイきんぐ小峠やケンコバは「一見コワモテで実は良い奴」の典型であると語る「見た目からのギャップ」