TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、学校をズル休みした上に兄の貯金箱からお金をとってゲームセンターでプレイしている姿を母親に見つかった思い出

山里亮太、学校をズル休みした上に兄の貯金箱からお金をとってゲームセンターでプレイしている姿を母親に見つかった思い出

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、小学生の頃に、ズル休みをした上、兄の貯金箱からお金をとってゲームセンターでプレイしている姿を母親に見つかった思い出について語っていた。

天才はあきらめた


山里亮太:「そういえばさ、アンタ覚えてる?」って母ちゃんに言われて。「なに?なに?」「お母さんがまだ、マツモトキヨシで働き始めた頃だったかなぁ。アンタがさぁ、風邪で具合悪いっていうから、学校休んでるってことがあって」と。

「なのに、商店街の端っこのさ、板倉米店の奥さんがさ、パーッとお母さんのところに来て。『どうしたんですか?』って言ったら、『亮太君が、子供とは思えないぐらいの100円玉の数を持って、ずっとゲームをしてるんですけど、大丈夫ですか?』って言われて」って(笑)

「お母さん、ビックリして。今日、学校休んで行ったら、うず高~く100円玉を積んで、ずっとゲームをやってる姿を見て、『アンタ、どうしたの?』って聞いたら、『いや…あの、帰り道で知らないオジさんにお金をたくさんもらっただけ』って」って(笑)

「アンタ、今日、学校休んだんだけど、どっからの帰り道なの?」って言ったら、「どうしても勉強したくなって、学校に行こうと思ったけど、でも、病気をうつしちゃいけないと思って、帰ろうと思った帰り道です」って。

で、「アンタ、本当にそのお金、オジさんからもらったの?」「いや、オジさんからもらった」って。で、家に帰った時に、兄ちゃんの貯金箱がバラバラになってて(笑)

兄ちゃんが、呆然としながらハットリくんの貯金箱を、「母ちゃん、泥棒だ!母ちゃん、泥棒だ!」って言ってて、「アンタ、一緒に驚いてたでしょ」って。「あの時、ヒドイと思ったわ」って(笑)

「あ、本当…」って。「そんなんもあったね」って。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、一緒に外食していた母親が倒れてしまい少年時代の山里がかけた衝撃の一言「お母さん、残り食べていい?」

前の記事:山里亮太、母親に中学生の頃に描いていた「自作のエロマンガ」を発見されてしまったと告白「掃除してたら、大学ノートが…」