TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、『マツコ・デトックス』やラジオ番組でモデルたちの悪口を言い過ぎてガールズアワードで「戦々恐々」

山里亮太、『マツコ・デトックス』やラジオ番組でモデルたちの悪口を言い過ぎてガールズアワードで「戦々恐々」

2018.05.24 (Thu)
2018年5月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ラジオ番組やTBS系の番組『マツコ・デトックス』でモデルたちの悪口を言い過ぎて、モデルたちと会うのは「戦々恐々」であると明かしていた。



山里亮太:華やかな方々でございますから。そんな華やかな中でね、私なんかずっと、こう…怖いと言いますか。

時々ね、この『不毛な議論』の中とかで、やっぱリスナーと喋ってると、急に楽しくなっちゃって。なんかこう、なぜかモデルさんの方々に対して、少しこうよろしくない感じのイメージを私は持っているっていうのが、こぼれてしまう時がある、と。

で、その情報ってのは、よくね、まぁネットの中に、それが勝手に独り歩きして行ったりしてる。でも、まぁモデルさんの方々はね、こんな時間に起きてね、ラジオなんか…私のラジオなんかは聴いてないと思うから、このリアルタイム情報では聴いてないと思うんですけど、ちょっと、ひょっとして噂を聞いてんじゃないかなぁ、なんて思うことがあって。

ちょっとね、日に日にガールズアワードのMCに行くのも怖くなってるんですよ。たとえば、ほらモデルさんなんかが歩いてるときに、周りをやたらめったら…凄い丈が個性的なアウターを着たような男性とかが。凄く刈り上げた金髪の女性とか。

「どうも、私達、このチームでやってます」みたいな人たちが、廊下のところをね。楽しそうに喋ってらっしゃって、「すみません」って、2~3回言っても通してくれなくて、本当にスタンドが使えたなら、全員ボッコボコだな、みたいなことを思ってしまう、的なことを言ってるね、この自分の言葉がもし、ご本人たちに聞こえてたらね、怖いなぁなんて思ってて。

だから、モデルさんと会うのも、戦々恐々なんですけど。でも、ちょっとね、『ヒルナンデス!』とかで会ったモデルさんとかはね、挨拶とかしに来てくるんだけど。それもね、なんて言うんだろ…こうやって言ってるせいかなと思うの。「アイツ、挨拶しねぇとうっせぇんだよな」みたいなことから来る挨拶なんじゃないかなって勘繰っちゃって。

ちょっとね、感じた。「アイツ、挨拶しないと…」って。ほら、マツコさんと一緒にやってる『マツコ・デトックス』って番組の中とかで言うじゃない。モデルさんがこうね、「ロケの時はこうだったのに、ファッションショーに来たら偉そうにしやがって。次、何色の何で何色言っても失敗させるか、バカタレ」って言ってたりするから。そういう情報がほら、うっすら入るわけよ。

入ってるから、それを踏まえてなのかなぁ、とか。「めんどくせぇなぁ、挨拶しなきゃいけねぇな」っていうふうな人もいるんじゃないかなって思って、逆にこう、寂しくなってきてる。

そこらへんはもう、仕方ない。俺がだって、自分が撒いた種だから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,ガールズアワード,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、『テラハ』で口撃し続けた小室安未に意外にも満面の笑みで挨拶をされて動揺「え?いい子なの?」

前の記事:山里亮太、元モデル久慈暁子アナに「石の裏の虫を見るような目」で見られている気がしたと告白「俺の中で感じた」