TOP古舘伊知郎のオールナイトニッポン ≫ 古舘伊知郎、藤井聡太棋士が六段から七段へ昇段したことでさすがに言葉を失う「『凄いね』以外、何と言ったらいい?」

古舘伊知郎、藤井聡太棋士が六段から七段へ昇段したことでさすがに言葉を失う「『凄いね』以外、何と言ったらいい?」

2018.05.19 (Sat)
2018年5月18日放送のニッポン放送のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月第2もしくは第3金曜 22:00-24:00)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、藤井聡太棋士が六段から七段へ昇段したことでさすがに言葉を失い、「『凄いね』以外、何と言ったらいい?」と語っていた。

SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC
SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC しゃべくる魂 テレビ屋の反乱

古舘伊知郎:こんばんは、古舘伊知郎です。いやぁ、ついさっきね、ニュースが入ってきましたけど。藤井聡太さんっていうのはね、凄い、凄い、凄いと。こればっかり思ってたけど、さらに凄くて。また勝っちゃって。

長丁場の戦いがあって、今日もね、ずっとやってましたけど。ついに勝って。で、六段から七段になった、と。凄いねぇ、もう「凄いね」以外、何と言ったらいいの?

でもやっぱり嬉しいのは、同じ日本人としてって、言わずもがな嬉しいじゃない。一方、海の向こうでは…古い言い回しですけど、海の向こうでは大谷がまたホームランかっ飛ばして。昨日は、4タコかなんかで、ちょっとダメだった。ダメだったのが目立つくらい凄いんだから。

それで今日はまた、ホームラン打ってくれてって、これもまた嬉しくてしょうがないっていう。これは嬉しいこと続きですよ。それはいいんですよ、最高じゃない。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 古舘伊知郎,藤井聡太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン
次の記事:古舘伊知郎、日大のアメフト悪質タックル問題とモリカケ問題の共通点を指摘「肝心要の人が出てこない」

前の記事:赤江珠緒・ピエール瀧、吉村昭の小説『漂流』を絶賛「究極のサバイバル」