TOPオードリーのANN ≫ アンタッチャブル・山崎の先読み能力の鋭さ

アンタッチャブル・山崎の先読み能力の鋭さ

2012.12.02 (Sun)
2012年12月02日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」にて、アンタッチャブル・山崎弘也の先読み能力の鋭さ、芸人の行動原理を知り尽くしている様子について語られていた。

若林「春日が、レイザーラモンRGさんがゲストで来たときに、即興であるあるネタをやるってことだったのに、実はネタを用意してたって話あったでしょ?」

春日「うん、うん」

若林「ザキヤマさんが、それについて話をしてて」

春日「うん」

若林「ザキヤマさんとロケバス乗ってた時に、『どうなの?クソは』って話になって」

春日「おい、おい。私のことをクソって呼んでるのか?(笑)」

若林「『この間、面白いことがありまして。スタッフは、ムチャぶりしてあるあるの歌を歌わせたかったんですけど、春日がえらい(ネタを)練っちゃって。春日っぽくなくなっちゃって、練って欲しくなかったんですけどねぇ。そのことを、春日本人には言えなかったんですよ』ってことを話して」

春日「うん」

若林「そしたら、ザキヤマさんが『それはね、非常に難しいよ』って話をしてて。『かといって、まるっきるのムチャぶりをして、(期待を)越えられる男じゃないからね』って」

春日「はっはっはっ(笑)そんなこと言われてた?」

さらに、以下のように語っていた。

若林「『でも、用意していても、センス芸人みたいなことをしてくれないんだよね。クソって』って言ってて。それで、『何が一番良いんですか?』って訊いたら、『一番良いのは、まず"深夜のあるある、でネタを振りますので"って言っておく。でも、それはウソなの。それでめちゃくちゃネタを作らせる』」

春日「うん、うん」

若林「『ネタを作らせた上で、いきなり現場で"コンビニのあるあるをお願いします"って振るの。そうすると、あいつは狼狽して、コンビニのあるあるをやらされることでグダグダになる。それは超リアルになる。それが面白くなったら、そのままいけば大丈夫。ただ、それすらつまらなかった時に、"あれ?春日さん、この紙なんですか?"ってイジる』」

春日「うん、うん」

若林「『"この紙は…深夜のあるあるをやるって聞いてて作ったネタです"っていうのを、最後の保険にしておく…これが一番良いんじゃないかって思うよ』って言ってて」

春日「うん」

若林「『そんなことしなきゃいけないんですか、いちいち』って(笑)」

春日「あぁ(笑)でも、たしかにそれ良いね(笑)ありがたいね」

【関連記事】
オードリー・若林「ザキヤマさんが春日のキャラに疑問」

オードリー・若林「相方・春日の心理分析に驚く」

オードリー・若林「ゆとり世代若手芸人のトンデモっぷり」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,アンタッチャブル,山崎弘也,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:ナイナイ・岡村が語る「ISSAがモテる秘訣」

前の記事:ナイナイ・矢部がイジる「ロンブー・淳のネット生配信中のトラブル」