TOPアッパレやってまーす! ≫ よゐこ有野、ナイナイと若手時代に「チームワークがゼロ」でバチバチとやりあっていたと中山秀征に指摘される

よゐこ有野、ナイナイと若手時代に「チームワークがゼロ」でバチバチとやりあっていたと中山秀征に指摘される

2018.05.08 (Tue)
2018年5月7日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が、若手時代にナインティナインと「チームワークがゼロ」でバチバチとやりあっていたと中山秀征に指摘されたことを明かしていた。



濱口優:知らない間に、バラエティをやっていくようになってると、笑い声がデカくはなったよね。

鈴木拓:なります、なります。

濱口優:自然に。さや姉とかもそうなんちゃう?

山本彩:そうなんですかね。

濱口優:ラジオとかやってる内に、自然に笑い方、デカくなってんじゃない?

鈴木拓:はじめに、ちょっとこの笑うことが恥ずかしくて。

濱口優:せやねん…なんで小さい声になってんの?(笑)

鈴木拓:ふふ(笑)恥ずかしくて笑わなかったんです、僕。

濱口優:うん。

鈴木拓:芸人になって。ただ、段々面白いことばっかりだから、どんどん笑い声が止まらなくなって、そっから大きくなってきましたね。

濱口優:ふふ(笑)

鈴木拓:…なんか変な感じだなぁ(笑)

有野晋哉:「笑い声」論になったら(笑)

鈴木拓:ヤダぁ、やりづらいわぁ。

濱口優:ふふ(笑)でも、そうなんちゃう?

鈴木拓:そうですよね。みんな、昔笑えなかったですよね、芸人さんって。

有野晋哉:笑わないね。人のことで笑わなかったね。

鈴木拓:「絶対、笑ってやるもんか」みたいに見てましたけど。

濱口優:そういう時代あった。

鈴木拓:ありましたよね。それがいつからかもう、やっぱりもうみんなの面白さに押されて笑っちゃうようになったんでしょうね。

濱口優:なんかなったね、どっかからか。

山本彩:テレビとかでも、色んな芸人さんが出てらっしゃって、他の方がなんかしているときに、他の方がなんか笑ってないと、なんか凄く…なんて言うんですかね、なんか心配になります。

濱口優:ああ…「あの子、嫌われてんのかな?」とか。

山本彩:とか…

鈴木拓:「仲悪いのかな?」とか。

山本彩:「この人、厳しいなぁ」とか思っちゃいますね。

濱口優:でも、昔の若手の番組とか、全然笑わへんかったで。

鈴木拓:いやぁ、本当に笑わないんだよ。

山本彩:怖い。

鈴木拓:「笑ってたまるもんか」って。

濱口優:昔のVTRとか見たら、冷や汗出るもん。

鈴木拓:俺もそうなんですよ。自分のやつとか見てらんないですよ。

濱口優:「怖っ」とか。

有野晋哉:今は、1個面白いことあったら、みんなでこうかぶせていくやん。

山本彩:そうですよね、それが面白い。

有野晋哉:この間、中山のヒデちゃんと話してて、「昔のよゐことナインティナインとかって違ったもんね」「なんですか?」「岡村君がなにか面白いことをやったら、それはそれで、有野君が別のことをやるんだよ。かぶせないんだよね」って。

鈴木拓:ふふ(笑)

有野晋哉:「ああ…分かってました?」って(笑)「分かってた、分かってた」って(笑)

山本彩:バチバチしてる感じ。

有野晋哉:そう、そう。かぶせない感じ。「お前らの面白いのはそれね。俺が面白いのはこっち」って(笑)

山本彩:なるほどなぁ。

鈴木拓:超尖ってんですよ。

濱口優:チームワークゼロ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : よゐこ,有野晋哉,ナイナイ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:ドランク鈴木拓、「尖っていた」ザキヤマが「あざーっす」とキャラ変更をしてドン引きした過去「こっちは引いちゃって」

前の記事:ドランク鈴木拓、「笑い声が不快」とリスナーからクレーム「おい、鈴木。笑うな」