TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、ブサイク男性は「セクハラ」と女性から言われる確率も増えると断言「非モテ男性は下ネタを一切言っちゃダメ」

カンニング竹山、ブサイク男性は「セクハラ」と女性から言われる確率も増えると断言「非モテ男性は下ネタを一切言っちゃダメ」

2018.04.24 (Tue)
2018年4月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、ブサイク男性は「セクハラ」と女性から言われる確率も増えると語っていた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:そんな光景(カンニング竹山、竹内涼真が『アッコにおまかせ』観覧女性客をハグして「その女性が泣き崩れた」と明かす)初めて見たから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:で、それを見ながら、ちょっとセクハラ問題を考えてみたの。

赤江珠緒:ふふ(笑)そこで?

カンニング竹山:「セクハラって何だろう?これはセクハラじゃないよな」と思ったわけ。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:それで分かった。これで、あの女の人は嬉しいから泣いている。でも、あれが竹内涼真くんじゃなくて俺だったら、嬉しくはないでしょ?

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:女の人がね、ハグされても。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:嬉しくないということは、女の人が嫌な気持ちになる、傷つく。嬉しくないのに色々されたときに、セクハラってのは発生すると思った。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ということは、人生で俺も含めて大多数の人がブサイクじゃないですか。

赤江珠緒:言っていいですか?

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:うん(笑)

カンニング竹山:そうでしょ?赤江さん。それは俺、認めたからね。

赤江珠緒:いや、それはもうね、人それぞれです。需要も供給も。

カンニング竹山:っていうことは、「ブサイクとして生きていくという人生は、セクハラの確率も増える」と思ったんですよ。

赤江珠緒:ああ。それを求めてる人の数が、竹内くんと比べると…

カンニング竹山:確率も増えるでしょ?

赤江珠緒:そうね。それはしょうがないかもしれない。それは竹内涼真くんは綺麗ですもんね。

カンニング竹山:そうでしょ。そうなってくると、「セクハラってなんだ?」ってなってくるわけ。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:女の人の気持ち次第だから。

赤江珠緒:そうですよ、結局ね。

カンニング竹山:ってことですよね。それで考えたのは、モテ男じゃない限りの人生。まぁ、大多数ですよ。大多数のモテ男じゃない人生の男たちは、もう女の人の前でこれから一切、エロいことは言っちゃダメだと思うわけ。

赤江珠緒:そうか、そういうふうに考えると…それはそれで、なんか世の中、切ないですな。

カンニング竹山:アンケートとって欲しいんだよね。竹内涼真くんが「オッパイ触っていい?」って言ったら、ちょっとカッコイイじゃないですか。

赤江珠緒:ふふ(笑)たしかに(笑)

カンニング竹山:俺が「オッパイ触っていい?」ってなったら、「うわ、セクハラ!」ってなるじゃないですか。

赤江珠緒:そう、結局、恋愛とセクハラも紙一重なところありますもんね。

カンニング竹山:そう、そう。難しいなっていう。

赤江珠緒:受け手の気持ちだからね。本当ですね。

カンニング竹山:俺は、セクハラ被害が増える男だって思って生きていかなきゃいけない。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,竹内涼真,福田淳一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、「コーヒー、トースト、目玉焼き」が一度に作れる「3 in 1 ブレックファーストステーション」を絶賛

前の記事:カンニング竹山、竹内涼真が『アッコにおまかせ』観覧女性客をハグして「その女性が泣き崩れた」と明かす