TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、ハラスメントの基準について「自分がやられて嫌なことはやっちゃダメ」という考えは「浅い」と指摘

伊集院光、ハラスメントの基準について「自分がやられて嫌なことはやっちゃダメ」という考えは「浅い」と指摘

2018.04.24 (Tue)
2018年4月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ハラスメントの基準について「自分がやられて嫌なことはやっちゃダメ」という考えは「浅い」と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:昔、水の入ったペットボトルで頭を引っ叩く音っていうのを、ラジオドラマで必要だっつって。

で、最初は下っ端の子の頭をやってたんだけど、そいつがあんまりいい音じゃないから、俺の頭を叩くことになり…あれは何ハラ?(笑)あれは何ハラなんだろうって。

ハラスメント、分かんない。ハラスメント、迷宮入りするところは…よくさ、「わかりやすい基準があるんだよ。『自分がやられて嫌なことはやっちゃダメ』って、それだけだよ」みたいなことを言う人いるじゃんか。

「浅っ」って思うんだけど。乳首吸われるの好きな人もいるもんね。そういう人もいれば、肛門に手を入れられるの好きな人もいるから。そういう基準では、絶対わからないんだよね。

やっぱりね、わからないんだよ。本当、ここに落ち着くの、なぜか。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ハラスメント,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、「高収入求人情報 バニラ宣伝カー」のプラモデルが販売されていることに驚く「買うのやめたけど(笑)」

前の記事:伊集院光、救急車が要請した家の前でサイレンを「遠くへ行ったようにフェードアウト」する理由を語る「プライバシーへの配慮や野次馬防止」