TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ小木、バナナマン日村を初めて見た時の印象は「生理的にダメだと思った」

おぎやはぎ小木、バナナマン日村を初めて見た時の印象は「生理的にダメだと思った」

2018.04.14 (Sat)
2018年4月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、バナナマン・日村勇紀を初めて見た時の印象は「生理的にダメだと思った」であったと明かしていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

小木博明:たとえば、ベッキーだって最初、イメージ悪いでしょ?

矢作兼:悪いわ。

小木博明:一般的にはいいかもしれないけど。

矢作兼:イメージいいよ、あれは。

小木博明:会ったりとかいろいろ見ていく内に、「本当にこの子、いい子なんだな」って思ってきたしね。

矢作兼:そうか、最初見ててイメージいいって、不利だな、会った時。もうマイナスしかないんだもんね。下がるしかないから。

小木博明:日村さんなんか本当ひでぇじゃん、最初。

矢作兼:ヒドイ。

小木博明:嫌いだったしね、あの顔。

矢作兼:たしかに、受け付けない顔だったな。

小木博明:そう、生理的にダメだと思ったもん、最初。

矢作兼:そうだ。

小木博明:見に行った時にね。最初にバナナマンを見た時だってそうだよ。でも、一回、受け入れた時の日村さんの可愛さ。

矢作兼:まぁな。もう揺るがないもんな。

小木博明:もう揺るがない。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,小木博明,バナナマン,日村勇紀,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、高校1・2年の時の小木の印象は「アイツ、気持ち悪い」だったと告白「高3で仲良くなって、大好きに」

前の記事:おぎやはぎ小木、神田愛花のバナナマン日村との交際を「売名」と決めつけて悪印象だったと告白「最初嫌いだったよ」