TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、とろサーモン久保田が東京進出を遅らせたのは「京都のセフレ」のためだったと暴露「『笑わず嫌い王』に出て…」

山里亮太、とろサーモン久保田が東京進出を遅らせたのは「京都のセフレ」のためだったと暴露「『笑わず嫌い王』に出て…」

2018.04.05 (Thu)
2018年4月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、とろサーモン久保田かずのぶが東京進出を遅らせたのは「京都のセフレ」のためだったと暴露していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:何度も言いますけど、東京進出を…『笑わず嫌い王』って昔出て、それ出たらもう、売れる証拠だって。「もう東京行こうじゃないか」って、相方の村田さんが言った。でも、そこで久保田さんは言うわけですよ。

「村田、早い。まず大阪で地に足つけて、力つけて東京へドンッだろ」って。今のセリフだけ聞くとカッコイイでしょ?これ違うんです、本当の理由は。久保田君は、京都にべっぴんのセックスフレンドができそうだったんです(笑)

「それをきっかけに、東京進出をやめた」っていう、あの久保田ですよ、皆さん。それがもう、チャンピオンになってね。でもやっぱ、テレビ出まくってるし、あとね、ハートがね、実は無茶苦茶しっかりした奴なんで。意外と後輩からは人望が厚いんですよ。

後輩の悩みとか相談乗ってあげてるし、凄いのよ。みんなから愛されてて。だから、そこらへんのね、実は久保田のそういう本当にいいところも、相談って形で引き出せると思うんですよ。

ですからね、言っても夢を叶えた大人。一番、近々で夢を叶えたばかりの大人だから、夢をね抱いてる人たちとかだって、その人たちに答えまで出せると思うんだよ、久保田さんは。

っていうことで、みんなもですね、久保田に色々聞いてもらいたいことがあるはず、ということで勝手にとろサーモン久保田をですね、『不毛な議論』新生活応援大使に任命。新生活で既に溜まったお悩み、不満を解決してもらいたいと思います。

本家のTBS新生活応援大使は、元うたのおにいさん横山だいすけさんなんだ。…ああ、ほぼ一緒だね(笑)ほぼ一緒(笑)

だいすけお兄さんもあれでしょ?闇営業とかしてるでしょ?(笑)してないかな、だいすけお兄さん。

だいすけお兄さんはさ、「もう小道具で使わなくなったから」って捨てられたデニムをさ、アップリケをいろいろつけて、先輩に高値で売ったとしないの?…あ、しないんだ。先輩の誘い断って、セックスフレンドの家に行くこともないの?

ああ、全然違うね、久保田とだいすけお兄さんは(笑)でも、2人の共通点は、歌が好き(笑)よかった、共通点あった(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,とろサーモン,久保田かずのぶ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:ケンドーコバヤシ、筧美和子に「共演ラジオ番組のせいで、他番組で下ネタを言ってしまった」とクレームを言われる

前の記事:山里亮太、とろサーモン久保田が週刊女性に「捏造に次ぐ捏造」で貶められていると指摘「ゼロからストーリーを作って」