TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ よゐこ有野、「ガヤではなくヤジ」となっている若手芸人に苦言「目的が違う」

よゐこ有野、「ガヤではなくヤジ」となっている若手芸人に苦言「目的が違う」

2018.04.02 (Mon)
2018年3月31日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が、「ガヤではなくヤジ」となっている若手芸人に苦言を呈していた。



有野晋哉:注目されるっていうことでもなく、「外からパンパン撃ってる方がいいのかぁ」っていうので、ガヤを作り出して。そっちのほうに、ずーっと特化していこうって。

吉村崇:じゃあ、ガヤ作った人ですか?ひょっとしたら。

有野晋哉:作った人ですよ。

吉村崇:今の、このテレビ界にあるガヤを(笑)

有野晋哉:そう。だから、「良くない感じになってんなぁ」というのは思うの。

吉村崇:ああ。

有野晋哉:鈴木奈々とか、女性タレントがミスすると、若手が全部ワーッて言うやんか。

吉村崇:はい。

有野晋哉:誰の言葉も立たへんやんか、あれは。誰の言葉も立たず、「俺の言葉がテロップになれ!」って思いながらみんな言うやん。

吉村崇:そうですね、もう入れ食いですよ(笑)

有野晋哉:そう、そう(笑)それで、「進行の人がさぁ、次行きます」って言ったら、シュッと減るやん。

吉村崇:はい。

有野晋哉:でも、実際はこのシュッて減る時に、バッと言ったら絶対ウケんねんけど。

吉村崇:ああ。

有野晋哉:その一言が浮いて、スベりたくないからみんな言わないっていう。よくない。ガヤっていうよりヤジ。

吉村崇:そうですね。

有野晋哉:目的が違う。

吉村崇:力んじゃうんですよね。

有野晋哉:そう、そうやねんけどね。そこの隙間を縫わないと。それを縫うようにしたんです。

徳井健太:そうですね、『めちゃイケ』こそヤジ多いですもんね。バッて行く人たち多いから、その隙間刺さったら美味しいですよね。

有野晋哉:でも、順番的にはようなってんねんで。人数もそんなに多くないから。その特番の若手の数に比べたら、全員役割わかってるから。1回目はリアクションする人おって、ちょっと状況教える人、その後くらいにバーンッといくみたいな。なーんとなくの住み分けができてるような。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : よゐこ,有野晋哉,めちゃイケ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:よゐこ有野、ゲーム実況プレイヤーと『ゲームセンターCX』の大きな違いを語る「俺はゲームの面白い所を見せようと」

前の記事:よゐこ有野、『ゲームセンターCX』は『めちゃイケ』で培ったガヤとしての技術が「合致した」と明かす「荒いゲームの粗をつつく」