TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ・岡村が語る「ギャグの権利問題」

ナイナイ・岡村が語る「ギャグの権利問題」

2012.07.16 (Mon)
2012年07月12日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、芸人のギャグの権利問題について語っていた。

岡村「(リスナーからのハガキで)『キムタクとジミー大西さんのCMで、キムタクが屋形船の手すりに5円玉を置いてジミー大西さんに"5円置くんじゃないんだよ。5億円"と言っていました。トミーズさんにオファーがあっても良かったと思います』と。これ、たしかに見た時、『あ…』って思ってん」

矢部「俺も、俺も。分かってんのかな、出どころ、とか」

岡村「これさ、知らず知らずに刷り込まれてんちゃうん?トミーズさんのネタとか」

矢部「紹介されずに?」

岡村「紹介されずに。CMの時って、絵コンテみたいなのがあって、『こんな感じでお願いします』みたいになるけど、このセリフは、よっぽどじゃないと出てけぇへん」

矢部「うん」

岡村「お笑いが好きで、トミーズさんのネタ知ってるとかじゃないと、出てけぇへん」

矢部「うん」

岡村「知らず知らずにやってたら怖いな」

矢部「うん」

岡村「いつも俺がこのラジオで、『5円置くんちゃいますよ。5億円』って言った時、必ずうちの相方が『トミーズさんのネタや』って言うでしょ?」

矢部「フッフッフッ(笑)」

岡村「それは無意識にパクったらアカンからですよ」

矢部「いや、そうやで」

岡村「なぁ?『1億円。1円置くんちゃいますよ』『(甲高い声で)何言うてんねんアホ!』っていう」

矢部「もう人間ちゃうやん(笑)今の音。そんな音出るの?(笑)」

岡村「たまに健さんが息継ぎ間違って、『アフォ~』っていう、そういうときあんねん」

矢部「はっはっはっ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

岡村「『1億円。1円置くんちゃいますよ』『(甲高い声で)分かってるわ、アホ!』っていう。このトミーズさんのネタを知ってる人じゃないと、出てけぇへんと思うねん。多分、どっかで見てるんちゃう?」

矢部「そうなんかなぁ」

岡村「そうでないと、出てけぇへんって。俺が『1億円。1円置くんちゃいますよ』って言うときは、セットで必ずウチの相方が『トミーズさんのネタや』って言うてるわ」

矢部「ご本人が一番そう思ってるんちゃう?『俺らのや』って(笑)」

岡村「健さんが『(甲高い声で)俺らのちゃうんかぁ?なぁ、たむけん?』って。マサさんじゃなしに。言うてるわ、絶対」

矢部「知ってる僕らからすると、ドキっとするね」

岡村「CM見てる時、ドキっとしたのよ」

矢部「そうやなぁ」

岡村「こういうのたまにあるねん。他にも、SMAPのCMで、『俺がやる、俺がやる、どうぞどうぞ』ってやつ、『ダチョウさんのだなぁ…コワァ』って思って、すぐにダチョウさんに訊いてん。『あれ、話あったんですか?』って訊いたら、『大丈夫。あった』って」

矢部「それはあんねや」

岡村「でも、トミーズさんの方は話通ってると思わへんねん。大谷マネージャーとかは、知らへんの?『1億円。1円置くんちゃいますよ』『(甲高い声で)分かってるわ、アホ!』っていう。」

矢部「普通はマサさんで笑うのが普通なんですけどね(笑)『1億円。1円置くんちゃいますよ』がボケだから。でも、我々は健さんにハマってるんですけど」

岡村「健さんに面白みを見出しているんですけどね。一般的にはマサさんですけどね。なんばグランド花月なんかでは、ドカーンとそこできてますから」

矢部「そうやね」

岡村「これ、お笑い好きな人が書きはったのかな?CMね」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「ラジオにおけるリスナーとの信頼関係」

ダチョウ倶楽部「リアクション芸人になるまでの軌跡」

伊集院光「プロとしての評価とアマチュアとしての評価の壁」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ケンドーコバヤシ、同時期に解散した陣内智則とコンビを組まなかった理由を告白「そこ、『男と女』みたいな話になる」

前の記事:オードリー・若林「供給過多状態になっている芸人」