TOPたまむすび ≫ 博多大吉、笹川友里の結婚パーティーのためタキシードとスーツをオーダーするも値段にビックリ「50万超えた」

博多大吉、笹川友里の結婚パーティーのためタキシードとスーツをオーダーするも値段にビックリ「50万超えた」

2018.03.08 (Thu)
2018年3月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、TBSアナウンサー・笹川友里の結婚パーティーのため、タキシードとスーツをオーダーするも、その値段にビックリしたと語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:こんな機会(博多大吉、笹川友里の披露宴が「ブラックタイ=タキシード着用」との指定で困惑「タキシード持ってないのよね」)ないじゃない。

笹川友里:うん。

博多大吉:笹川さんのそういうところでね、たとえばメダリストがグワッとタキシードで並んでいるところさ、いつもの漫才スーツで、華丸と並ぶわけにもいかないんじゃない。

笹川友里:いやいや…

博多大吉:だから、作り行きましたよ、昨日。

笹川友里:うわぁ(笑)お忙しいのに、ありがとうございます。

博多大吉:ビビったぁ、高いねぇ。

笹川友里:ええ?そうなんですか(笑)

博多大吉:うん。

笹川友里:ピンきりで、ピンの方に行かれた?

博多大吉:いや、だからある程度の店かな。「オーダーでスーツも作ってますよ」みたいなところに、まず行ったのよ。

笹川友里:ええ。

博多大吉:ネットで調べて。

笹川友里:はい。

博多大吉:で、言われたのは、「タキシードは、本店じゃないと作れないですよ」って言われたの。

笹川友里:へぇ。

博多大吉:銀座○○店に言ったら、「いや、有楽町本店じゃないと、タキシードは取り扱えないんですよ」って。

笹川友里:はい。

博多大吉:で、そこからまた有楽町行って。「こっから1時間待ちで、閉店になるんで、今日のところはお引き取りください」とか、何日間か実はあって(笑)

笹川友里:はい。

博多大吉:昨日やっと行けたの、そのお店に。

笹川友里:うわぁ、ありがとうございます。

博多大吉:いや、それで、ああいうところって、値段が書いてないのね。店員さんの隙を見て、クリンッて回すんやけど、素材とかしか書いてないのよ。

笹川友里:ああ、そうか(笑)

博多大吉:もう、メッセージが書いてあるけど、値段じゃないから分かんないなぁって思って。

笹川友里:うん。

博多大吉:で、タキシードのところに、「プラス5万円」って書いてあったの。

笹川友里:え?怖い。なんの5万円だろ。

博多大吉:「なんの5万円だろう?」と思ったけど、「まぁ5万ちょっとで作れんのかな、これにあとなんか基本料金とかあんだろうなぁ」と思ってたのね(笑)

笹川友里:はい(笑)

博多大吉:で、お店いって。店員さんがすぐ気づいてくれて。「テレビ出てますよね、こちらです」って、ちょっと、他のお客さんに見えないような、角で僕はやってもらってて。

笹川友里:一流のお店ですもんね。

博多大吉:そう、そう。で、「どうします?」って。「今日は、実は知り合いのパーティに、タキシードで行くことになったから、期日までにタキシード作りたい」と。「いつですか?」「何月何日です」って言ったら、そしたら「間に合いません」って最初言われて(笑)

笹川友里:ええ?!

博多大吉:「フルセットはもう間に合わないです」って言われて。

笹川友里:はい。

博多大吉:タキシード作って、中にベストってあるじゃない。あれはもう間に合わないって言われたの。

笹川友里:へぇ。

博多大吉:「それ以外は急いで作れるけど、ベストは後日でもいいですか?」って言われて。ベストはなくても、腰巻きで行けるから。「それでもいいですよ」って。で、やってもらったんですよ。

笹川友里:はい。

博多大吉:で、やっぱ気付かれてるし、なんて言うかな、向こうもチヤホヤしてくるのよね。

笹川友里:うん。

博多大吉:「タキシードだけでいいですか?」って言われるから、「いや、まぁせっかくだからスーツも、1着、2着ぐらい作っておきましょうか」って。

笹川友里:おっ、朝に向けて(笑)

博多大吉:なんとなく。そういう機会も増えるだろうなぁって思って(笑)

笹川友里:そうですよね(笑)

博多大吉:で、生地から選んで、値段が全然わからんのよ(笑)

笹川友里:はい(笑)

博多大吉:ー着いくらか分からんけど、たぶん10万かな、一着。

笹川友里:はい…

博多大吉:「まぁ、30万かぁ…でも、やっぱり朝の仕事も始まるし、これいるよなぁ」と思って。で、色々生地持ってきて、「じゃあタキシードはこの色」って。当日お楽しみに、黒じゃないから、僕(笑)

笹川友里:え?なに?(笑)

博多大吉:もちろん、常識の範囲内の色だけど、タキシードはこの色、スーツ2着はこの色と、この色って決めて採寸して。「じゃあいろいろ合わせていきましょうね」って、合わせていったの。

笹川友里:はい。


博多大吉:そしたらね、「縫い方があるんです」て、「まずはこれ着てください」って、着たやつは普通のやつで、「ちょっと大きめ持ってきました」って。で、「これは今ぴったりしたの持ってきました。ちょっとこれ違うんですけど、どうぞ」って着せられたのが、めちゃくちゃしっくりくるやつ来たのよ、3個目に。「これ、なんですか?」っつったら、「これは職人が全て手作業で行っている高級なやつなんです」って。

笹川友里:はい、はい。

博多大吉:で、もうこれがいいのよ。で、「これがいいなぁ」って言ったら、「でも、ちょっとお値段が別料金かかりまして、これ2万5000円プラスになります」って言われて。基本料金わかんなくて、もう既に2万5000円プラスされるけど、もう1回着たらもう、それじゃないとヤになるの。「どうせ作るんだから」って。

笹川友里:ああ、いいの着ちゃうと。

博多大吉:「じゃあ、もうそれにしてください」って。10万だと思ってたから、「12万5000円かぁ、なるほどなぁ」って思って。

笹川友里:はい(笑)

博多大吉:「スーツ、これにしましょう」って。で、「中のチョッキどうします?」って。タキシードのチョッキは作ります。もちろんスーツのも作れますよ、オーダーだから。で、三つ揃いってやっぱカッコイイから、せっかくだから作りましょうかって。

笹川友里:ええ。

博多大吉:チョッキはいくらぐらいなのかなぁと思ってたら、「ベストは別料金で、本体の35%のお値段いただきます」って。

笹川友里:大吉カウントだと…

博多大吉:13万として、それの3割だから、ペラペラのチョッキ1個で3万だよ。それ、3着だからもうそれで12万。どんどん、どんどん跳ね上がってきて。

笹川友里:嵩んでいる(笑)

博多大吉:で、「ボタンどうしましょう?」とか言い出して。結局、僕の暗算の中で、一瞬80万超えたんですよ(笑)

笹川友里:3着ですもんね(笑)

博多大吉:3着で。「ダメだ」と思って、1着はちょっと「やっぱりピンとこない」とか言って、「1回ちょっと、この色ステイさせてください」って、1着抜いた。で、スーツとタキシードで作った、昨日。

笹川友里:え?え?会計の結果は…

博多大吉:うん、50万超えた(笑)

笹川友里:うわぁ!大きなお買い物(笑)

博多大吉:いやぁ、ビックリしたぁ(笑)

笹川友里:あの動物になっていたわけではないですよね?鳥になっていたわけではないですよね?

博多大吉:どういうこと?

笹川友里:カモってわけじゃないですよね(笑)

博多大吉:いや、違う違う。いいやつ、いいやつをあつらえたはず。だから、パーティーでめちゃめちゃメシ食うからね。

笹川友里:はっはっはっ(笑)ご用意させていただきます(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,笹川友里,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、辻希美が「夕飯がおざなりなのに、翌朝のフレンチトーストを仕込んだ」と炎上したことに驚く「もう大喜利じゃん」

前の記事:博多大吉、明石家さんまがパーティーに「自前のタキシード」で現れる理由を語る「TVと違うさんまさんに出席者が喜ぶ」