TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界にも関わらず編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで断れなくしたと明かす

伊集院光、永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界にも関わらず編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで断れなくしたと明かす

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、漫画家・永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界を感じていた時期、編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで、永井に仕事を断れなくしたというエピソードをお笑い芸人・伊集院光が語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:兄貴がいたってのはでっかいな。多分、『ハレンチ学園』も、きちんとリアルタイムじゃないような気がすんだよね。兄貴が持って、兄貴も漫画好きでいっぱいあって。

で、その兄貴経由で来てる、永井豪に相当やられてるね。『花平バズーカ』も、凄かったもんなぁ。

花平バズーカ


ある日突然、手淫をしてたら、その手淫の手の形が偶然、悪魔呼びのフィンガーサインになってたっていうせいで、悪魔に能力を授けてもらうっていう。

ポコ指っていう、ポコチンの形した指を手に入れるんですよ。でいて、そのポコ指で指さした女の人は、絶対自分とヤリたくなっちゃうっていうルールですよ。そんな夢のような漫画ある?

もう、ドラえもんから卒業するあたりで。ドラえもん、そんなもう、「子供だましのやつ」って思ってるわけですよ。もう、中学校1年生になってくるわけですから、もうね。

「そんなこといいな、できたらいいな。空を自由に飛びたいな?別に、空なんか飛びたくありませんけど」ってなってるわけですよ、こっちは。あと所詮、「漫画だし」ってなってるわけですよ。ところが、そこに花平バズーカのポコ指が(笑)

そんなことできたらいいと思う(笑)もう、ここには「所詮、漫画」なんて言葉出てこないからね。しかも、それも聞いたら、小池一夫原作だっつって(笑)小池一夫原作、永井豪作画で。

なんかもう、永井豪さんが何でも仕事やりすぎて、「もうこれは無理」っていう段階になって。「原作つきならできんだろ」ってなるわけ。で、「原作つきでも無理です」ってなった時に、原作を大御所にしちゃうことで、断れない原作者に書かせて、「もう書いちゃってるから」って言わせることで。

しかも、本人が「これは描きたい」と思うような原作を用意しちゃうことで、描かずにいられないところまで行かせるっていう。そこで『花平バズーカ』ができ上がるんですけど。さすがに、朝の番組で『花平バズーカ』の話、全然できませんけど。

いやぁ、なんか俺の中の永井豪成分が相当暴れましたね。

関連記事


伊集院光、漫画『デビルマン』の急展開はアニメ放送終了に伴う打ち切り決定で行われたと語る「主要キャラをブチ殺し…」

伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」

伊集院光、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語る「学園を爆撃し始めるの」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,永井豪,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、小平奈緒に対して「獣のような滑り」と発言するよりも「オカリナに似てる」の方が非難されるべきと指摘

前の記事:伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」