TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」

伊集院光、永井豪が『けっこう仮面』でのパロディで梶原一騎を怒らせるも謝罪した際の梶原一騎の対応に感動「何のこと?」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中で、漫画『けっこう仮面』のパロディで梶原一騎を怒らせてしまった時のエピソードが語られていたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『けっこう仮面』っていうね、「どこの誰かは知らないけれど、体はみんな知っている」っていうキャッチフレーズがあるんですけど(笑)

けっこう仮面は、赤い仮面をかぶってて、下は全部素っ裸っていう女のキャラクターなんですよ(笑)凄いボディの女のヒーローもの。ヒロインもののキャラクターなんですけど。

(永井豪との対談で)それを描いてた時の話、俺、スゲェ読んでたから、『けっこう仮面』読んでたから。「『けっこう仮面』も凄かったですよね」っていう話で、あれはパロディ、色んなエロパロディを凄いやっていくわけ。それが楽しくて。

僕の中では、永井豪っていう人は、『デビルマン』みたいなヒーローもの、デビルマンは両方兼ねてるけど、ヒーローとバイオレンス。で、『マジンガーZ』は分かりやすい、ヒーローもので。

それから、『ハレンチ学園』とかがエロ。で、『けっこう仮面』がエロとヒーローと、パロディっていう。結構、パロディーものも凄い書いてる人で。割と今、バイオレンスものみたいのが永井豪の真骨頂みたいなっているけど、色んな組み合わせがあるのよ。その要素の大きいところに、パロディーってあって。

あと、その『へんちんポコイダー』がエロと、ヒーローとパロディーのまぁ、一つ男の子向けの例なんですけど。

『けっこう仮面』って、必ずパロディーものが出てきて。白土三平の忍者ものの漫画のパロディで、キャラクターがけっこう仮面にエロで成敗されるっていうストーリーだったりとか。

それから、水島新司のパロディの野球漫画のキャラクターがエロで成敗されるっていう。で、必ず最後、おっぴろげジャンプっていう、空中飛んで両足をM字でおっぴろげて、で、そのど真ん中のところを顔面に打ち付ける形で敵を倒すっていう。



そうすると必ず最後のセリフが、水島新司のパロディをやっていると、「水島先生ごめんなさい!」っつって敵が死んでくっていう、その嬉しいんだか痛いんだかみたいに死んでく、みたいなパロディモノなわけ。

その話を…「おっぴろげジャンプ」って言葉は使いませんよ、朝の番組なんで(笑)「あれもなんか大変でしたよね」みたいな感じで聞きましたけど(笑)

「その漫画も読んでたんですよ」って話したら、その逸話で好きだったのが、色んな先生のパロディをやってて、時には怒られたりしてたんだけど、そんな中で、梶原一騎先生の『巨人の星』のパロディーを描いた時に、どうやらそのことが、梶原一騎先生の耳に入った、と(笑)

担当も、あれほど止めろと。あれほど「梶原先生の作品だけはダメだ」と(笑)梶原先生の作品だけは、おっぴろげジャンプで(笑)「梶原先生、ごめんなさい」って描いて、ごめんなさいだけでは済まなくなるみたいな(笑)

言ったにもかかわらず、どうやら描いて、梶原一騎先生の耳にこれがどうも入ってるらしい、と。いいのが、俺が凄い好きなのは、永井豪先生ってマッチョな人じゃ全然ないのよ。本当に、自分の漫画に出てくる自画像そのままの、人の良さそうな、今やオジサンなわけ。人の良さそうな、背が低くて、ちょっと太めのおじさんなわけ。

で、多分、若い頃もそんな感じでしょ。そんな感じのおじさんが、もうみんなにダメって言われてるのに、描かずにはいられないんだろうね(笑)なんだっけなぁ…なんつってったけな…尻一徹だったか、星一尻だったか忘れちゃったけど(笑)そういうキャラが出てくる、飛雄馬的なキャラがエロいことしようとして、おっぴろげジャンプでやられるっていうストーリーを描いて。

案の定、見つかったっぽいと。でいて、嬉しいのは、「じゃあどうにでもなりゃいいじゃん」っていうタイプじゃないわけ(笑)もう、ビクビクしてるわけ(笑)「どうしよう」って、「梶原一騎先生怒ってる」って。で、ある時に、漫画賞の審査員で、どうやら隣の席らしい、と(笑)

もう、それはどうにもなんないじゃん。で、視界に入ると同時に土下座とはいけないまでも、まぁ、腰骨折れるぐらいの勢いで頭を下げようと。「あの…梶原一騎先生、すみませんでした!」って。

「実は、漫画で使ってしまいました」って言おうって。で、行って、頭下げる時に梶原一騎がカッコイイのは、絶対知ってるはずなのに、「何のこと?」って言ったらしいのね。

「何のこと?」って言って、「実は漫画にパロディを描いてしまって…」「ああ、そんなの知らんよ」って言ったんだけど、どうも周りの話を合わせると、梶原一騎というマッチョな人間の、カタの付け方としては、そこで謝ってるところに、ガンガン言うのは多分、格好悪いんだと思うんだよね。

「何のことだか全然分からない」っつって終わるらしいんだけど。よかった、よかったって終わって、それと同時にまた描きたくなっちゃうらしいのね(笑)もう、止められないらしいの(笑)

これが面白いってなったら、止められないっていうのが、なんかちょっと親近感があって。永井豪、すげぇなって思って。

関連記事
伊集院光、漫画『デビルマン』の急展開はアニメ放送終了に伴う打ち切り決定で行われたと語る「主要キャラをブチ殺し…」

伊集院光、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語る「学園を爆撃し始めるの」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,永井豪,梶原一騎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界にも関わらず編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで断れなくしたと明かす

前の記事:伊集院光、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語る「学園を爆撃し始めるの」