TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、UberEATSに抵抗を感じつつもピザ屋のデリバリーと大差ないと気づいたと語る「別にそんな変わんねぇ」

伊集院光、UberEATSに抵抗を感じつつもピザ屋のデリバリーと大差ないと気づいたと語る「別にそんな変わんねぇ」

2018.01.30 (Tue)
2018年1月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、UberEATSに抵抗を感じつつもピザ屋のデリバリーと大差ないと気づいたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:ちょっとまだ、俺はUberEATSをやるには、ハードルが高いと思う。俺の中では、Uberは食べ物屋さん自体と、食べ物屋さんとも、僕とも関係ない人が、しかも短期のアルバイトの人が物を持ってくる感じっていうのが、なんとなくだけど、なんとなく怖い、みたいな感じがあって。

まだ使ったことないんだけど。でも、冷静になって考えると、昔みたいにそこのお蕎麦屋さんで弟子修行して、いつか暖簾分けをしてもらうっていう人とか、そこの蕎麦屋の息子が「父ちゃん、行ってくるわ」って言って、出前に行ってるっていう。

しかもそこがさ、学区も一緒だったりするじゃん。米田君の家の話ね。米田君家って、学区も一緒でさ、家族としても知ってて、そこでずっと店をやってかなきゃいけないっていうか。しかも、そこから暖簾分けしてもらって、信用を持って店をやらなきゃならないって人が出前をしてる時代、くらいで、恐らくそんな信用なんて終わってるよね。

普通のデリバリーの段階で、同じエプロンをつけてようが、同じ帽子をかぶってようが、それは明日辞めるかもしれない奴だもんね、別に。生涯、そのピザ屋にいる奴じゃないって意味では、別にさ、契約や後に法的に縛られてるだけのことで、何をする、しないみたいな話じゃないから。

「別に、そんな変わんねぇんだな」っていう。あと、一周したなっていうのは、店屋物の出前から、デリバリーってなってくるじゃん。で、あのスクーターみたいになったところで、一旦さ、出前持ちより「デリバリーのドライバー」の方が素敵な感じになるじゃん、言葉の響きだけ。

それが、「Uberのドライバー」ってなるわけ。でも、蓋を開けるとさ、太っちょのメガネがさ、自転車を漕いでるわけじゃんか。パチンコ屋の路地裏でさ、逃げてる犯人とバーンとぶつかってさ、蕎麦をひっくり返してさ、「親方に怒られる!」って言ってる奴が、「Uberに怒られる!」って言ってるのと、何も変わってないよね(笑)一周も二周もしてるのに、ガワは何も変わってないっていうのがちょっと面白いよね。

分厚いメガネの太っちょが自転車漕ぎながら「怒られる!」って言いながら(笑)どんな素敵なもんを運んだところで(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:カンニング竹山、週刊文春は山尾志桜里議員の不倫報道からTVへの動画放送権を「一律5万から10万に値上げ」したと明かす

前の記事:伊集院光、構成作家・渡辺雅史が始めた「UberEATS」での稼ぎ方を説明「もう、流浪のUberなの」