TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、小室哲哉の不倫を暴いた週刊文春だけが批判されていることに疑問「TVやラジオも記事を取り上げた」

カンニング竹山、小室哲哉の不倫を暴いた週刊文春だけが批判されていることに疑問「TVやラジオも記事を取り上げた」

2018.01.23 (Tue)
2018年1月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、小室哲哉の不倫疑惑を取り上げた週刊文春が批判されていることについて、文春だけのせいだけではなく、「TVやラジオも記事を取り上げ」たことによって拡散し、文春に加担しているのではないか、と指摘していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:週刊文春も出した、でも、他の雑誌も出したわけでしょ。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:他の雑誌も色々出した。文春も出した。きっかけは文春かもしれない。それで出していった。

吉田明世:ブームを作ったのは文春かもしれない。

カンニング竹山:それによって、いっぱい悪者はいると思うよ。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:それによって、テレビやラジオなんかでもその記事を取り上げて流した。

吉田明世:より拡散しましたね。

カンニング竹山:拡散した。これいいですかね、悪いですかねって、いかにも正義気取りやがって、俺が出てるワイドショーなんかでも、そうやって出してきた。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:そしてそれをみんな一般の人たちも、いいだ悪いだ言って、「いや、許せない。アイツは嫌いだ、アイツテレビ出るな。浮気してんだろ」みたいな、「なんの理屈でそう言ってんの?」っていうことなんかがずーっと2年続いて、結果どうなるかって言ったら、「やっぱりこれおかしくないか」って、大本の奴を叩こうという風潮になりだしたっていう。

吉田明世:何かを叩いていたいのかなってちょっと思っちゃいますね。

カンニング竹山:そうじゃなくて、一回、冷静に見ましょう、と。文春も悪いし、テレビも俺たちもみんな悪い。

吉田明世:うん。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,小室哲哉,週刊文春,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、週刊文春・新谷学編集長と対談予定で「お前の番組もう見ない」という批判があったと明かす「気持ち悪い意見」

前の記事:カンニング竹山、小室哲哉の不倫疑惑を取り上げた週刊文春が批判されている現状に「この2年で皆分かってきたんじゃない?」