TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ ビビる大木「芸人人生を救ってくれた『トリビアの泉』」

ビビる大木「芸人人生を救ってくれた『トリビアの泉』」

2012.04.08 (Sun)
2012年04月07日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、コンビ解散後で仕事が減り始めていた時期に、芸人人生を救ってくれた番組について語っていた。

ブラマヨ・小杉「ピンで苦労とかしなかったですか?」

ビビる大木「いや、あったあった。それまでたとえばロケは二人だったから、ボケても相方が『なんだよ、何いってんだよ』があったけど、1人でなんかやっても、シーンとする、みたいな」

小杉「はっはっは(笑)」

吉田「そうですよね。ツッコミがなければ、ただの頭のオカシイおっさんですもんね」

ビビる大木「そう!そうなの。そういうのを何回か経験して、『あれ?そういえばツッコミいないんだ』って思って」

小杉「あぁ」

ビビる大木「ということは、『1人でロケに行ったら、ツッコミが要らないようなボケをしなきゃダメなんだ』って思って」

小杉「あぁ~」

吉田「リアルに」

ビビる大木「色々、考えを変えてね」

吉田「難しくないですか?たとえば、僕は店に入るとき、『すんもはん!』って言って入るんですよ」

ビビる大木「なにそれ?」

小杉「『"すんまへん"って言えよ。龍馬伝の薩摩藩の喋り方やないか!』とかってツッコミ入れるから、成立する、みたいな」

吉田「そこでスタッフも笑ってくれる。もしそれが無かったら、『すんもはん』って言って単に入っていく人になるから」

ビビる大木「そう!それでカメラマンが真顔で入ってくる、っていうね(笑)」

小杉「そのロケ、絶対に楽しくない(笑)」

ビビる大木「そうなっちゃうのよ」

さらに、以下のように語っていた。

吉田「最初は、ピンになって仕事減りますよね」

ビビる大木「うん」

吉田「そこを支えてくれたのは、誰ですか?」

ビビる大木「そのときに、『トリビアの泉』があったの」

小杉「あぁ!」

吉田「ピンの大木さんを認識させたのは、あの番組ですもんね」

ビビる大木「コンビの時から仕事してたADさん2人がフジテレビにいて。その2人が、初めてディレクターをやるっていうので始まったのが『トリビアの泉』で」

小杉「はい」

ビビる大木「その時に、『俺達、番組をやるんで、大木さん、来てください』って呼んでくれて」

小杉「へぇ。一番ボタンを押したいです。『へぇ』って」

吉田「上手いこと言いよるな」

小杉「あまりにもへぇって思ったから(笑)」

吉田「もっと声を張ればよかったのに(笑)照れたんか、うまく行きすぎて(笑)」

小杉「照れたね(笑)」

ビビる大木「…そこで、周りの人に助けられて、なんとなくピンで仕事させてもらってたって感じだね。ずっと」

小杉「ほぅ」

ビビる大木「最初ね、『トリビアの泉』は深夜でやってて。ゴールデンに上がるときに、タモリさんが介入するって。大看板で」

吉田「そうか。深夜の時はタモリさんいなかったんですよね」

ビビる大木「そう。タモリさんの席に俺がいたの。それで、その時の番組の偉い人が『ゴールデンに上がるときに、大木を外せ』って言ったの」

吉田「外せって?」

小杉「ズラせでなく?」

ビビる大木「外せって。『そこにはタモリさんがいるから、十分』って言われて。その時に、呼んでくれたスタッフが『いや、大木さんも込みでトリビアの泉を盛り上げたんで、ゴールデンに上がるときも、大木さんがいなければイヤです』って言ってくれたの」

小杉「ほぅ~!」

ビビる大木「そういうのを聞いたから、『ちゃんとやらなければ。頑張んなきゃ』って思ったの」

吉田「へぇ~」

ビビる大木「その時に、『俺の最初の仕事は、ADだった2人を…初めてディレクターをするその2人を、男にすることだ』って思ったの」

小杉「おう!」

ビビる大木「俺がトリビアの泉で有名になることが、最初の仕事ではなく、『まず、その2人を男にしなきゃダメだ』って思って」

吉田「主役はタモリさんになったけど」

ビビる大木「なったけど、『トリビアの泉を作ったその2人を、まず男にしなきゃダメだ』って思ったの」

吉田「サブの位置から、アシストできることは全部やって」

ビビる大木「やるしかない、と思った。そこで、VTR中のコメントを頑張ろうって思ったり。VTRツッコミとか、声だけの。あれは全部、トリビアの泉で鍛えられたから」と語っていた。

【関連記事】
ビビる大木が語る「バラエティ番組に多く出演する方法」

ビビる大木「相方から解散を切り出された真相」

おぎやはぎ「ビビる大木の才能に嫉妬していた若手時代」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ビビる大木,ブラックマヨネーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:南キャン・山里が語る「IPPONグランプリでの戦い」

前の記事:ビビる大木「相方から解散を切り出された真相」