TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、トラブルやイヤなことも「どうポジティブに解釈できるか」といつも考えていると語る「それをどう笑えるか」

明石家さんま、トラブルやイヤなことも「どうポジティブに解釈できるか」といつも考えていると語る「それをどう笑えるか」

2018.01.07 (Sun)
2018年1月6日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、トラブルやイヤなことも「どうポジティブに解釈できるか」といつも考えていると語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

岡井千聖:さんまさんにとって、一番憂鬱な時間ってあるんですか?

明石家さんま:憂鬱?

岡井千聖:ずっと楽しそうなんですけど、今のところ。

明石家さんま:ずっと楽しいよ(笑)人が見ても、「楽しそうだなぁ」ってみんな言っていただけて。

岡井千聖:はい(笑)

明石家さんま:まぁまぁ、それは憂鬱も、悩んだりとか畜生って思うこともありますよ、それはもちろん。

岡井千聖:ああ、あるんだ。

明石家さんま:でも、それを自分では憂鬱という言葉では捉えないで。「これも俺の一日だ」ってことやな。

岡井千聖:凄い。

明石家さんま:いつも、ファンの人には言うてんねんけど、いかに困ったこと、イヤなことを、どう解釈できるかだけのことやねんな。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:それは人より上手いと思う、多分。イヤなことをポジティブにできるのは。イヤなことも楽しくできる力は凄いあんねん。

村上ショージ:それは分かります。

明石家さんま:凄くないけどね。そういう人生やから。だから、友達が骨折した、事故ったとか、それをどう笑えるかだけいつも考えてんな。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、小出恵介の不祥事でドラマ『Jimmy』配信ができず主演・中尾明慶を励ます会を開くも「落ち込んでんの中尾だけ」

前の記事:千鳥・ノブ、「ゲス不倫」報道が怖くて「嫁をしこたま抱いてる」と告白「嫁が『最近凄いね』って言う」