TOPオードリーのANN ≫ 山里亮太、オードリー若林が「巧みな話術で番組を切り盛り」することで南沢奈央を落としたことに「これは俺が目指してたやつ」

山里亮太、オードリー若林が「巧みな話術で番組を切り盛り」することで南沢奈央を落としたことに「これは俺が目指してたやつ」

2018.01.04 (Thu)
2018年1月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭と女優・南沢奈央との熱愛について語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:記事(山里亮太、オードリー若林と南沢奈央の熱愛発覚を知り「頭が真っ白に」なったと告白「穏やかじゃいられませんよ」)を読んだわけよ。

まぁ、出会い方もさ、番組でしょ?コント番組で知り合ってさ。日テレ系の番組で出会ったって。「関係者によると、2人は複数の人気男性芸人と若手女優がコントを演じ、スタジオトークも展開する日本テレビ系『コレってアリですか?』で出会った」と。

「レギュラーバラエティー初挑戦だった南沢に対し、若林はM-1で準優勝し、すでに売れっ子。巧みな話術で番組を切り盛りする若林に南沢は尊敬の念を抱き、恋心に変わっていったという」…いやいや、これは俺が目指してたやつ(笑)

巧みに回して、その技術に惚れさせる、一軍に惚れさせて、「山ちゃんがここと?」っていうのは、俺が先にやるやつ。

「キューピッドは、共通の趣味でもある落語だった」…俺、落語やってるし。だから、ボタンの掛け違いなのよ。俺がこの番組にブッキングされてたら。若ちゃんはね、2008年のM-1グランプリで準優勝して。落語が好きっていう感じでしょ。

これ、俺が何が言いたいかっていうと、ということは、M-1、向こうは2008。それより4年前にセンセーショナルな出方をした、この南海キャンディーズの山里亮太。これ、若林に勝てるのは、先にテレビに出たというこの俺のね、もう時間しか無理よ。この差があるから。

4年早く出てるから、若林が「テレビで巧みに回す」っていうのも、4年俺が先だから。この時点では俺の方が巧みに回せてるはずなんだよ。あと、落語は昔からやってたから。となると、共通の趣味で、見るだけじゃなくて、俺に関してやってるから。横でね、『時そば』の一つでも見せてね。そんなのがあったりしたら。

『コレってアリですか?』に俺が出てれば、俺のもんだったわけよ。だから、横取りですよ、俺からの。そうでしょ?今の方程式、間違ってる?合ってるでしょ。

『コレってアリですか?』に関しては、日テレの安島さんって人で。『たりないふたり』の総合演出なわけですよ。俺も入れてくれれば…そうすると、条件は一緒なわけじゃない。むしろ、条件で言えば、俺の方がアドバンテージあったわけじゃないですか。今はもう若ちゃんの背中見えないけどね。

あの時…チャンスがあったってことでしょ。(放送作家)小川さんさ、分別つかねぇ若手女優とのコント番組作ってくんねぇかな(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:山里亮太、オードリー若林の熱愛発覚に「裏切らねぇのはアンガ田中さんだけ」と発言

前の記事:山里亮太、オードリー若林と南沢奈央の熱愛発覚を知り「頭が真っ白に」なったと告白「穏やかじゃいられませんよ」