TOP伊集院光とらじおと ≫ 秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMVPに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMVPに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

2017.12.16 (Sat)
2017年12月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、秋元康がゲスト出演し、AKB48の結成当初、劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMVPに」という企画を行ったところ、大不評であった理由を明かしていた。

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

秋元康:最初にね、劇場に7人しかいなかったし、盛り上がらないわけですよ。

伊集院光:マンツーマンディフェンス以上だったんですもんね。メンバーの数より客少ないっていう。

秋元康:そうすると、たまに来て、凄い大声で盛り上げてくれる人がいたんですよ。

伊集院光:はい。

秋元康:「ああいう人が、いっぱい来てくれたらいいじゃないか」と。「そうだ、毎回、お客様MVPを決めよう」と。MVPには、「MVP Tシャツをあげよう」ってことで、1,000枚作ったんですよ。

伊集院光:うん。

秋元康:そしたら、大ブーイングで。帰りにお客さんが、「秋元さんね、ファンっていうのは、大声を出したり、アクションで応援するだけが、応援じゃないんだ」と。

伊集院光:うん。

秋元康:「心の中で、そっと応援してるのも応援なんだ。それを、あんなパフォーマンスだけでMVPっていうのはおかしいじゃないか」って言われて、翌日からそれなくしたんです。

伊集院光:うん。

秋元康:だから、999枚残ってるんです、MVP Tシャツって(笑)

関連記事


伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」

秋元康、アイドルプロデュースは「デッサン」のように軌道修正しながら描いていくものだと語る「一本の線では綺麗に描けない」

伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす

秋元康、多数決の合議制では尖ったアイドルは生まれないと語る「アイドルの最大公約数を煮詰めたら指原莉乃は生まれない」

秋元康、AKB総選挙での須藤凛々花の「結婚宣言」は本人と運営側に委ねたと告白「どっちでもいいよ、本人と決めなさい」

秋元康、AKB48は地下アイドルから国民的アイドルになることで「歪みが生じるようになった」と告白

秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMVPに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす

前の記事:秋元康、AKB48は地下アイドルから国民的アイドルになることで「歪みが生じるようになった」と告白