TOP伊集院光とらじおと ≫ 秋元康、多数決の合議制では尖ったアイドルは生まれないと語る「アイドルの最大公約数を煮詰めたら指原莉乃は生まれない」

秋元康、多数決の合議制では尖ったアイドルは生まれないと語る「アイドルの最大公約数を煮詰めたら指原莉乃は生まれない」

2017.12.15 (Fri)
2017年12月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、秋元康が、テレビ朝日系の番組『ラストアイドル』は多数決による合議制ではなく、審査員1人により審査を行う方式にした理由について語っていた。

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

伊集院光:審査員の人の人選基準。人選自体は、番組のディレクターにある程度委ねられてるけど、秋元さんからのリクリエストは、「僕の言うことを聞かないっていうリアリティのある人を、とにかくブッキングしてくれ」っていう(笑)

秋元康:だってさ、僕が結局企画して、アイドルものでやるって言ったら、「結局は秋元が考えてんだろ?」と。

伊集院光:うん(笑)

秋元康:「秋元がやりたいようになってんだろ?」っていうのが、一番つまらないじゃないですか。

伊集院光:うん。

秋元康:みんな、そうじゃなくて、本当にガチで。だから、審査員の中の1人が判断するっていうのも、1人の方が面白いと思ったんですよね(笑)

伊集院光:それも直前ですよね。「多数決の合議制では、尖った奴が出ない」って言い出して。

秋元康:うん。

伊集院光:「これは、誰か1人がどうしてもコイツっていいんじゃないか」っていう。

秋元康:だって、合議制でいったら多分、指原莉乃は生まれてないんですよ、きっと。

伊集院光:なるほど。

秋元康:「アイドルとはこういうもんだ」っていうことの、最大公約数を煮詰めていくと、指原莉乃は生まれないんですよね。きっと、誰か「そういうのが出てもいいんじゃないですか」「スキャンダルあってもいいでしょ」とかって人がいて、ああいう人が出てくるわけじゃないですか。

伊集院光:うん。まぁ、そのアイデアのせいで、審査員の吉田豪さんはヒドイ目に遭ってましたけどもね。

秋元康:ふふ(笑)

伊集院光:「なんでアイツ落としてんだよ」みたいになってましたけど。

秋元康:それはやっぱり、吉田豪さんって人が、そういう風な視点を持ってる人だっていう、実は審査員として素晴らしいことだと思うんですよね。ブレないから。

伊集院光:うん、うん。

関連記事


伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」

秋元康、アイドルプロデュースは「デッサン」のように軌道修正しながら描いていくものだと語る「一本の線では綺麗に描けない」

伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす

秋元康、AKB総選挙での須藤凛々花の「結婚宣言」は本人と運営側に委ねたと告白「どっちでもいいよ、本人と決めなさい」

秋元康、AKB48は地下アイドルから国民的アイドルになることで「歪みが生じるようになった」と告白

秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMPVに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:秋元康、AKB総選挙での須藤凛々花の「結婚宣言」は本人と運営側に委ねたと告白「どっちでもいいよ、本人と決めなさい」

前の記事:伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす